【J1採点&寸評】鳥栖0-0広島|完全防御のブラジル人CBに最高点!広島の攻撃陣には厳しめ評価

カテゴリ:Jリーグ

荒木英喜

2020年07月13日

鳥栖――内容は今シーズンでベストの出来に

【警告】鳥栖=なし 広島=永井(20分)
【退場】鳥栖=なし 広島=なし
【MAN OF THE MATCH】エドゥアルド(鳥栖)

画像を見る

[J1リーグ4節]鳥栖0-0広島/7月12日(日)/駅前不動産スタジアム

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6
豊田、梁のベテラン2人が今季初先発し、チームが活性化。これまで無得点の試合が続いているが、内容的には今季ベストと言っていい。

【鳥栖|採点・寸評】
GK
18 高丘陽平 6
積極的にビルドアップに参加して、得意のキックで貢献。守備もしっかりと行ない、開幕戦以来となる無失点に抑えた。

DF
2 原 輝綺 6
背後を取られることもあったが、慣れないCBでしっかりと守備のタスクをこなし、ドリブルで運ぶなど良さを出した。

MAN OF THE MATCH
3 エドゥアルド 6.5
1対1で抜群の強さを発揮しただけでなく、カバーリングも的確に行ない、まさに無双状態の活躍だった。

28 森下龍矢 5(63分OUT)
サイドを駆け上がり攻撃参加するまでは良かったが、クロスの精度が低くチャンスにならなかった。
 
MF
22 小屋松知哉 6
前半は見せ場を作ることが少なかったが、後半は相手の裏を取るなどチャンスに絡んだ。

41 松岡大起 6
インサイドハーフの位置から裏に抜け出すなど、いつもとはスタイルとは違う躍動感のあるプレーを見せた。

6 内田裕斗 6
前半途中に出した縦パスからリズムをつかみ、後半は積極的にビルドアップに絡んでいった。

50 梁 勇基 6.5(85分OUT)
アンカーでプレーしチームに落ち着きを与えた。左右への展開や縦パスで攻撃にリズムを生み、良い流れを作った。

23 本田風智 5(63分OUT)
前節までのゴールを目指す積極的な姿勢が今日は鳴りをひそめ、ほとんど輝くプレー見せぬまま交代となった。

【J1第4節PHOTO】鳥栖0-0広島|鳥栖はチャンスをものにできず広島とスコアレスドロー。今季初得点&初勝利は次節以降に持ち越し

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ