【J1採点&寸評】大分1-1神戸|電光石火の先制弾!MOMは大分の脅威となり続けたスピードスター!

カテゴリ:Jリーグ

柚野真也

2020年07月12日

大分――出会い頭に失点するも浮き足立たず冷静に対処

【警告】大分=なし 神戸=なし
【退場】大分=なし 神戸=なし
【MAN OF THE MATCH】古橋亨梧(神戸)

画像を見る

[J1リーグ4節]大分1-1神戸/7月11日/昭和電工ドーム大分

【チーム採点・寸評】
大分 6

出会い頭に失点するも浮き足立たず、狙いとするサイド攻撃とロングフィードを併用して同点に追いついた。後半はガス欠し、足が止まった。

【大分|採点・寸評】 
GK 
1 高木 駿 6

開始早々の失点はやむなし。後半怒涛の攻撃もチームを救うセーブで勝点1をもたらした。

DF 
2 香川勇気 5.5(65分OUT)

65分に負傷退場するまでは藤谷とマッチアップし仕事をさせなかったが、攻撃参加が少なかった。

5 鈴木義宜 6
最後まで集中力を切らさず、粘り強い守備を見せた。90分のドウグラスとの1対1も冷静に対処した。

29 岩田智輝 6.5
パスカットから流れの中でゴール前まで上がり、冷静にコース狙う同点弾を打ち込んだ。古橋とバチバチのマッチアップは見どころが多かった。
 
41 刀根亮輔 5.5(65分OUT)
今季初出場。安定したボール運びで大きなミスなく、守備でもミスなくプレーし及第点の出来。

MF
4 島川俊郎 5.5(65分OUT)

運動量が多く、味方のパスコースを作ったが、決定的なチャンスを作るようなパスはほとんどなかった。

7 松本 怜 5.5
速いクロスをファーやニアに打ち分け、さらに高低差をつけバリエーションの多いクロスを見せた。

11 田中達也 5.5
持ち味のスピードで突破。36分のダイレクトボレー、67分のG Kとの1対1となった場面は決めたかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ