【横浜FC】松浦拓弥のハイパフォーマンスの陰に中村俊輔の支え。キャンプ時のマル秘エピソードも

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2020年07月10日

「イヤホンをしていて聞いていなかった(笑)」

前節の柏戦は1得点・1アシストの活躍で、今季初勝利に大きく貢献した。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 前節、柏に3-1で圧勝し、今季初勝利を手にした横浜FCで、1得点・1アシストのハイパフォーマンスを見せたのが、在籍2年目の松浦拓弥だ。21分、狙いすましたスルーパスで斉藤光毅の先制点をお膳立てし、1-1で迎えた47分、鮮やかなヒールシュートで決勝点を流し込んでみせた。

「本当に、よく変わりました。プライベートを含めて、今、サッカーに真剣に打ち込んでくれていると思います」(下平隆宏監督)

 リーグ再開からスタメンに抜擢されている31歳のアタッカーについて、指揮官はその“変化”について言及する。

「昔から遅刻魔だったらしくて、うちでも去年、何度も遅刻をして。僕も、規律違反に対しては厳しく処分しました。ただ元々、サッカーセンスのある選手で、今年は“勝負する”という意気込みで、キャンプからもよくトライしてくれていました」

 気持ちを入れ替えた松浦を手厚くサポートしていたのが、磐田時代もチームメイトだった中村俊輔だ。

「『俺が彼をなんとかしますよ』といつも言ってくれて、教育し続けてくれていました。キャンプでもずっと同じ部屋で、朝食にも必ず連れて来てくれたり。ずっとやってくれていましたね。そのおかげもあって、パフォーマンスもグングンと上がっていったと思います」(下平監督)

 当の松浦は「(中村からの声掛けで)特別に何かってわけではないですけど、ジュビロの時もロッカーは隣でしたし、シュンさんのサッカーに対する姿勢とか考えに触れる機会は多かった。それもあって、自分の中でやっぱり意識は変わりました」と語る。
 
 遅刻もしなくなったようだ。「シュンさんが早起きなので、キャンプが終わってからも、それが染みついています」。様々な面でポジティブに感化されたようで、また「話しかけられたので、それに応えたら、イヤホンをしていて聞いていなかったことがありました(笑)」というエピソードも。

 心機一転、サッカーと真摯に向き合うようになった松浦は、ピッチ上でも頼りになる働きぶりを見せる。

「正しいポジションに立つことが最優先」と、ポジショニングを意識してパスを引き出し、ビルドアップをスムーズにする。守備時には、自分より後ろにいる味方の指示に従って相手のボールホルダーを追い込み、前にいる選手には自ら指示を出す。「それが上手くできている時は、チームとして同じタイミングでプレッシャーをかけられていると思う」。

 中盤の位置で攻守の両局面に絡み、決定的な仕事もこなす。心身ともに充実している松浦のさらなる活躍に期待したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】興梠慎三・宇佐美貴史ら50名が厳選した「Jリーグ歴代最強チーム」を一挙公開!
【関連記事】
【横浜FC】待ちに待った“フィジカルの成長”。斉藤光毅がずっと「重点的に」積み重ねてきた努力とは…
【横浜FC】往年のバッジョのように――42歳の中村俊輔が観る者すべてを魅了する
【横浜FC】「ちょっとYou Tuberみたいに」指揮官が明かす新機軸3-5-2の舞台裏
【横浜FC】札幌戦でJデビューの星キョーワァン。課題を挙げつつ「自信になるシーンも」
【J再開後の注目株|横浜FC】観る者の心を捉える中山克広のさらなる進化への道筋

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ