すでにJ1内定5名!新1年生も4人がベンチ入りした明治大が関東大学リーグで好発進!

カテゴリ:大学

安藤隆人

2020年07月09日

「1—0でも勝てば良しと割り切っていた」「どのチームも明治に勝とうと挑んでくる」

今季開幕の駒大戦でゴールを決めた明治大の小柏。来季の札幌加入が内定している。写真:安藤隆人

画像を見る

 7月4日の2部開幕を皮切りに、関東大学サッカーリーグがついに開幕の日を迎えた。新型コロナウィルス感染拡大の影響で総理大臣杯が中止になり、他地域の大学も公式戦ができない状況下で、関東が先陣を切る形となった。

 5日に行なわれた1部の開幕戦。昨年度にリーグ戦、総理大臣杯、インカレと三冠を達成して大学サッカー界を席巻した明治大は、駒澤大と対戦すると、19分に北海道コンサドーレ札幌内定のFW小柏剛の決勝弾で1—0の完封勝利を手にした。

「駒澤対策をこの1週間でやってきました。今季初の公式戦ですし、内容はきっと思うような展開にはならないと分かっていたので、1-0でも勝てば良しと割り切っていました。まずは勝つことができてホッとしました」

 試合後、栗田大輔監督はコンディション面や試合勘が不透明な状態で結果が出たことに安堵の表情を浮かべた。

 もちろん長期中断、全体練習を開始しても対外試合ができない状態で臨む試合とあって、不安要素が大きかったが、それだけではなかった。

「開幕戦という緊張感、かつ久しぶりの公式戦とあって自分でも『息が上がるのが早いな』とは思いました」と、殊勲の決勝弾を挙げた小柏はこの試合の難しさを素直に口にしたが、同時に「どのチームも明治に勝とうとして挑んで来るので、去年のままではいけないと思いますし、去年より進化した明治大を見せないといけないと思います」と王者としてのプライドも見せた。

 実際に明治大がこの試合で見せた試合運びは、スコア以上の老獪さがあった。昨年のチームからMF安部柊斗、DF中村帆高(共にFC東京)、森下龍矢(サガン鳥栖)、瀬古樹(横浜FC)と言ったすでにJ1リーグでスタメン出場を果たしているタレントが抜けたが、小柏、GK早川友基、DF常本佳吾(ともに鹿島アントラーズ内定)、蓮川壮大(FC東京内定)、佐藤瑶大(G大阪内定)と5人のJ1内定選手を誇り、今年も優勝候補筆頭であることに変わりはない。

 さらに開幕戦のベンチには1年生が4人(GK久保賢也、DF村上陽介、MF田中克幸、FW太田龍之介)も入り、期待の2年生サイドバックである木村拓斗がボランチでスタメン起用と、新たな風も入った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ