JリーグのリスタートにAFCも注目! 再開マッチの第2節で“最も白熱したゲーム”と評されたのは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月08日

J1リーグ全9試合のうち…

大阪ダービーで豪快なダイレクト弾を決めた丸橋。写真:田中研治

画像を見る

 7月4日、約4か月ぶりにJ1リーグが再開。各地で第2節の9試合が行なわれた。これには、アジア・サッカー連盟(AFC)も注目しているようだ。同公式HPでは、日本でのプロリーグ再開を喜ばしい一報として紹介している。

 再開マッチとして行なわれた9試合のうち、最も印象的な試合として挙げられているのが、17年ぶりにセレッソ大阪が敵地で勝利を収めた「大阪ダービー」だ。

「土曜日のゲームで最も白熱した一戦だ。セレッソ大阪はライバルのガンバ大阪を2-1で破り、長年の忍耐が実を結ぶ、誇らしい勝利を手に入れた。奥埜博亮、丸橋祐介の両選手がスコアシートに名前を連ね、順位も3位に浮上している」

 そのほか、アジア・チャンピオンズリーグ出場を経験しているクラブの勝敗にも言及。「ディフェンディング・チャンピオンの横浜F・マリノスは浦和レッズと引き分けに終わり、未だに今シーズン初勝利を目指す立場に甘んじている。2018年のACLチャンピオンである鹿島アントラーズは、川崎フロンターレに2-1で敗れた」と伝えた。

 さらに、Jリーグで活躍している外国人選手の動向にも着目。北海道コンサドーレ札幌に所属するチャナティップ、横浜に所属するティーラトンらタイ勢の活躍に触れ、「彼らはリーグ再開で輝きを添えた。特にチャナティップは鈴木武蔵の勝ち越しゴールをアシストするなど、独創的なプレーを披露して、横浜FCを2-1で下す勝利に貢献した」と称えられている。

 新型コロナウイルス対策も含め、Jリーグ再開までには様々な紆余曲折があった。試合はもちろん、日本でのスポーツイベント開催の試みは、アジアでも注目されていると言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
Jリーグが第2回新型コロナ公式検査結果を報告。選手・スタッフら総勢3,182名に実施
Jリーグが7月10日からの“有観客”試合で「整列入場」「イベント開催」「飲食・グッズの販売」を解禁!
【J1ベストイレブン】ダービーを制したC大阪から3人を選出!MVPは圧巻の2ゴールを奪った主砲
「どちらも1位はメッシ、2位はクボ」久保建英が残した2つの“驚愕スタッツ”とは?
編集部が厳選!! 2020年の高校サッカー界を彩る注目株300選~九州編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ