【CLプレビュー】パリSG 対 チェルシー|堅守速攻のチェルシーが一枚上手

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2015年02月17日

パリSGが主導権を握り、チェルシーが速攻を狙う構図。

予想フォーメーション

画像を見る

パリSG 対 チェルシー
2月17日(日本時間2月18日4:45)@パルク・デ・プランス
(第2レグ|3月11日@スタンフォード・ブリッジ)
 
[過去の対戦成績]
チェルシーの2勝1分け1敗
 
≪パリSG 勝利への戦術的ポイント≫
 
 ポゼッション志向がより強く、攻撃的なパリSGが主導権を握り、チェルシーはカウンターを狙うという構図になる可能性が高い。
 
 相手の4-2-3-1との噛み合わせを考えれば、システムは4-3-3が妥当だ。中盤の支配力を強めるため、前線を「2トップ+トップ下」という構成にしても面白そうだが、ブラン監督の選択肢にそのオプションはないようだ。
 
 となれば、イブラヒモビッチとカバーニの2枚看板と組む3トップのもう1人は、パストーレよりも単独突破でサイドに数的優位を作り出せるルーカスが望ましいが、ハムストリングの怪我で欠場。同じく打開力に優れたラベッシの起用が濃厚だ。パストーレは点が欲しい場面で中盤の選手に代えて投入するのが効果的だろう。
 
[出場停止]なし
[怪我人]DFオーリエ(欠場見込み)、MFキャバイエ(欠場見込み)、MFルーカス(欠場見込み)、DFマルキーニョス、MFモッタ、MFマテュイディ、MFパストーレ
 
≪チェルシー 勝利への戦術的ポイント≫
 
 チェルシーの守備対パリSGの攻撃、チェルシーの攻撃(カウンター)対パリSGの守備。いずれの構図を考えても、チェルシーが上回るように思われる。
 
 チェルシーにとってベストの選択は、堅守速攻の徹底だ。その遂行には中盤の布陣を守備型に変えるのが手だろう。セスクをトップ下に上げ、2ボランチにミケルとマティッチ、2列目右サイドには守備力と走力を備えたラミレスを起用するという形だ。
 
 しかし、膝を痛めたミケルは欠場見込みで、セスクがボランチ、トップ下にオスカールという本来のスタメンになりそうだ。
 
 ゴールが欲しい終盤には、中盤を削ってドログバを投入。D・コスタとの2トップは、相手にとってこのうえない脅威だろう。
 
[出場停止]なし
[怪我人]MFミケル(欠場見込み)
 
(ワールドサッカーダイジェスト2015.2.19号より一部修正・加筆)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ