パリSGから人材が大量流出? ラベッシに続きカバーニも移籍を要求、T・モッタは構想外に

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年01月09日

アーセナルからのアプローチを受けて。

イブラヒモビッチの影で脇役に追いやられているカバーニが移籍を志願。パリSGから目が離せない。 (C) Getty Images

画像を見る

 パリSGが思わぬ形でメルカート(移籍マーケット)の主役になろうとしている。
 
 エディンソン・カバーニ、エセキエル・ラベッシが移籍を希望してクラブにプレッシャーをかけ、チアゴ・モッタにも退団の可能性が浮上しているのだ。
 
 ズラタン・イブラヒモビッチの影で脇役に追いやられているカバーニは、アーセナルからのアプローチを受けて夏の移籍をクラブに迫っているという状況だ。
 
 出場機会が限られているラベッシは、冬休み明けのモロッコ遠征を無断でキャンセルするなど、ロラン・ブラン監督に対する不満を露わにして移籍を要求している。
 
 ただし、有望な移籍先だったインテルがルーカス・ポドルスキとジェルダン・シャキリを獲得したこともあって、今冬の移籍は現実的ではなくなってきており、このまま6月までチームに残る可能性も出てきた。来週、代理人のマッツォーニがアルゼンチンからフランス入りしてクラブと話し合いを持つ予定になっており、そこで今後の方向性が決まる見通しだ。
 
 一方、T・モッタに関しては状況が異なっている。パリSGとの契約は2016年6月までだが、クラブは今シーズン限りでの放出を考えており、水面下で受け入れ先を探している。
 
 中盤にクオリティーが欲しいミランとインテルがそれを横目で見ているが、積極的に獲得に乗り出すところまでは行っていない状況。いずれにしても、パリSGでのプレーは今シーズン限りとなる可能性が高い。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ