欧州トップ15クラブの最新スタイル【チェルシー】対戦相手や戦況に応じた変化が可能に

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2014年10月21日

技巧派が揃う2列目が好機を作り、D・コスタが仕上げる。

 絶対的な得点源を欠いた昨シーズンまでとは打って変わり、D・コスタという軸が生まれた今シーズンは大きな欠陥が見当たらない。ベースとなるスタイルは、モウリーニョ監督が最も重視するインテンシティーの高いサッカーで、ボールを奪えば手数をかけずに素早く前線に供給。技巧派が揃う2列目が好機を作り、D・コスタが仕上げ役を担う。
 
 もっとも、今シーズンはひとつの型に固執せず、攻撃の多様性を備えている。牽引車は新戦力のセスクだ。長短のパスで攻撃陣を操るこのコンダクターは、昨シーズンに欠けていた創造性をチームにもたらした。とりわけ守りを固めてくる相手にはカウンターの効果が薄くなるだけに、正確にボールをつないでポゼッションを高められるセスクの存在がさらに際立っている。対戦相手や戦況に応じて、変化を付けられるのが現在のチェルシーの強みだろう。
 
 もちろん、軸となるスタイルが高次元に確立されているのが前提だ。その意味で、後方で確実に凌げる強固なCBコンビと、素早いトランジションの体現者であるマティッチの存在も見逃せない。
 
(ワールドサッカーダイジェスト2014.11.6号より)

これまでチームに欠けていた創造性をもたらしたのが、このセスクだ。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ