【岡山】注目は若き両サイドバック!! 0-2から追いついた再開戦で徳元悠平と松木駿之介が見せた可能性

カテゴリ:Jリーグ

寺田弘幸

2020年06月29日

左SB徳元悠平が左足で試合の流れを一変

2節山口戦の52分、岡山は0-2で2点のビハインドを負っていたが……。写真:徳原隆元

画像を見る

[J2リーグ2節]岡山2-2山口/6月27日/Cスタ

 4か月ぶりのリーグ戦に臨んだ岡山は、山口のFWイウリのパワーに苦しめられた。1点ビハインドで前半を折り返すと、後半の立ち上がりも山口にペースを握られて52分に追加点を許す。岡山は2点を追いかける苦しい展開を強いられたが、左サイドバックの徳元悠平の左足が試合の流れを一変させた。

 4分後の56分、右サイドからボールを受けた上田康太がルックアップすると、背番号41(徳元)は猛然と左サイドを駆け上がった。そして、パスを受けると冷静にキックフェイントでDFをひとり交わしてインスイングのクロスを供給。質の高いクロスに清水慎太郎が豪快に飛び込み、岡山の反撃が始まった。

 その後にイ・ヨンジェが同点ゴールを奪い2‐2で終えた試合を振り返った徳元は、「僕は2点目を取られた後も『3点取れるっしょ!』っていう気持ちだった。自分たちの力を信じていたし、もっと左から攻めてやろうと思っていました。そういう気持ちが結果につながったのかなと思います」と胸を張った。

 試合のターニングポイントとなった徳元のクロスに、右サイドバックでJ初先発を果たした松木駿之介は感嘆していた。

「トックンは上がるタイミングもいいですし、クロスの精度がすごい。僕自身も本当に学ぶところがたくさんあります」

 もっとも、大学時代までアタッカーとしてプレーしていた松木にとって、何もかもが初めてのことばかりの試合だった。松木は「人生で一番緊張しました」と苦笑いを浮かべた。

「ディフェンスラインで公式戦に出ることが人生で初めてだったので、本当に心臓が飛び出るんじゃないかっていうくらい緊張しました。これまではずっとサイドハーフやFWをやってきたので、ミスしてもいいから10本中1本を決めてやるっていう気持ちでしたけど、ディフェンスラインでプレーすることになって初めてミスが怖いなって思いました」

 素直に胸中を語ってくれた松木も、徳元同様に勝気なメンタリティを持ってファイトしたひとりだ。後半開始早々から足に異変が起き始めたが、「みんなが逆転に向かって戦っているなかで、相手に弱いところを見せて狙われたくなかった。強がってプレーしてました」。背番号23はファイティングポーズを取り続けて81分まで役目を全うしている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ