【湘南】「無心になれ」。復活を期す山田直輝が乗り越えるべき最初の課題

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年02月11日

ノータイムフットボールにどのように適応するか

流経大戦では持ち前の運動量を活かして、所狭しと駆け回った。試合後には1年目ながら選手を代表して挨拶も、(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「今日はお足もとの悪いなか、たくさんの方にお越しいただいて……あれ、違うか!?」
 
 湘南の今季初実戦となった1月19日の馬入グラウンドでの流通経済大との練習試合の後、約1500人に及ぶ大勢のサポーターの前で拡声器を託され、全選手を代表してあいさつしたのが、浦和から今季加入した山田直輝だった。
 
「足もとじゃないですね、晴れてますね(苦笑)。えー、お寒いなかお集まりいただいて、本当にありがとうございます。皆さんが見てくれているなかで楽しく、幸せを感じながらプレーすることができました。1年間、よろしくお願いします!」
 
 チームの始動からまだ1週間しか経っていなかったが、すっかりベルマーレの一員として、その輪にいることに違和感がない。「幸せを感じながら」というフレーズに、この新たな環境のなか、無我夢中でボールを追いかけられる喜びを、身体中で感じ取っていることが窺えた。
 
 基本布陣は浦和と同じ3-4-2-1。だが、監督が異なれば、スタイルは変わる。昨季J2で勝点101を獲得した湘南の戦術のベースとなっている、組織的で攻撃的なプレッシング、そして間断なく続くハイスピードな攻守の切り替え、それらに山田は当初戸惑いを覚えたという。
 
 ただ、だからこそ、そこに可能性や遣り甲斐を感じたのも事実だ。山田は言う。
 
「湘南の狙いはそこにある。厳しいプレスと絶え間ない素早い切り替えの連続で、相手に考えさせる時間をまったく与えない。ウチはそういう『ノータイムフットボール』を掲げている。本当に練習から隙がなく、一瞬一瞬が勝負になっている」
 
 ノータイムフットボール――。それが湘南であり、山田にとっての2015年のキーワードになりそうだ。
 
湘南のジュニアユース(中学年代のチーム)を率いていた05年当時から山田のことを知っていたという曺貴裁監督は、次のように彼の課題を挙げる。
 
「直輝は頭が良い選手。ただ、ひとつのミスに対しても、ちょっと考えすぎてしまうところがある」
【関連記事】
【湘南】J3の福島にドロー らしさは見られるも指揮官は「入り方は反省しなければ…」 
【インタビュー】湘南・岡﨑亮平――クラブの歴史に名を刻んだ、“ベルマーレ魂”の宿るルーキー
【湘南×流経大】藤田祥、アリソン、武田、新加入組3発など4ゴール!湘南が充実の船出
【湘南】三度目のJ1は、「挑戦」から「証明」へ
【J1・J2プレシーズン情報】リーグ開幕までのトレーニングマッチ、PSM日程を総まとめ[2/25更新]

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ