「リオネル・カマダ!」「魅惑の個人技」鎌田大地の3人抜きアシストを同僚&海外メディアが絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月14日

現地のファンも歓喜!

キレキレのドリブルで切り込んだプレーが称賛された鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月13日、ブンデスリーガの第31節が行なわれ、フランクフルトはアウェーでヘルタ・ベルリンと対戦し、4-1で勝利を収めた。

 この試合に長谷部誠が3バックの中央で、鎌田大地はトップ下で先発し、勝利に貢献している。

 24分に先制点を許したものの、前半終了間際にヘルタ・ベルリンのDFがレッドカードで退場し、数的有利となった後半に一挙4点を奪ったフランクフルト。その中で攻撃のリズムを作っていたのが鎌田だ。前半から緩急をつけたパスワークで敵DFラインを崩し、自らもゴール前に飛び込むなど、絶好機を創出した。

 圧巻は62分のアンドレ・シウバのゴールを演出した場面だ。パスを受けた背番号18は、自らドリブルで切り込んで3人を次々にかわすと、最後はGKを引き付けて中央にマイナスのパス。ポルトガル代表FWはバックヒールで流し込むだけだった。

 この鎌田のプレーは、海外メディアやフットボールファンの目を引いたようだ。

 現地誌『kicker』によれば、試合後にアディ・ヒュッター監督は「ダイチのドリブルは際立っていた」と会見で称賛したほか、同僚のGKケビン・トラップも「彼はドリブルの高いクオリティーを持っていて、何か違いを生み出すことができるプレーヤーだ。あのドリブルのシーンは、僕らのチームが持っている“自信の象徴”だ」と鎌田のプレーを称えたという。

 また、ポルトガル紙『O JOGO』は「ファンタスティックな、魅惑の個人技。ワールドクラスのタッチ、幻想的なカマダの動きでポルトガル代表FWアンドレ・シウバのゴールが生まれた」と報じた。さらに、南米紙『El Bocon』は、「今週末のベストプレーは間違いなくこれ! マラドーナのようなカマダのアシストだ」と南米のレジェンドに例えている。

 そして、現地サポーターも歓喜。公式アカウントには「これはリオネル・カマダ」、「メッシだ、メッシのドリブルをしてる」、「なんつーゴールだよ」、「このゴールはフットボールファンを引き付けてやまない」、「サムライが素晴らしい働きをした!」といった声が集まった。

 この日はゴールは奪えなかったものの、これで公式戦10ゴール・8アシストとした鎌田。二桁得点に続き、残り3試合で二桁アシストも見えてきた。

 23歳の若武者に、世界のフットボールファンが注目している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ