契約満了のゲッツェがセリエAに参戦?5日に生まれた第一子の名前に伊メディアが騒然!

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年06月10日

移籍先はローマかラツィオ?

今シーズン限りでドルトムントとの契約が切れるゲッツェ。注目の新天地は? (C) Getty Images

画像を見る

 今季限りでドルトムントとの契約が満了するマリオ・ゲッツェは、シーズン後の去就が注目されている。だからこそ、ちょっとしたことでも話題となるのだろう。

 ゲッツェは先日、インスタグラムで6月5日に第一子となる息子が誕生したことを発表した。母子ともに健康とのこと。そして名前は「Rome」だと明かした。

 この名前に、イタリアのメディアが反応した。周知のとおり、「Rome」はローマの英語表記だ。そのため、ローマを拠点とするローマないしラツィオへの移籍もあるのではないかと騒いだのである。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、「ただの前兆という以上。まさに本当の愛のメッセージだ」と報道。命名が「移籍市場のちょっとした兆しだと考えないわけにはいかない」と伝えた。
 
 同紙は、ゲッツェがドイツを除くイングランド、スペイン、イタリア、フランスの4大リーグでのプレーを望んでいると報道。さらに、チャンピオンズ・リーグを戦え、出場機会を得られるチームが希望と報じている。

 特に、出場機会を得られるチームという条件は、例えばリバプールやマンチェスター・シティ、バルセロナ、レアル・マドリー、ユベントス、パリ・サンジェルマンといったメガクラブを候補から除外することになるだろう。

『Gazzetta dello Sport』紙は、モデルであるゲッツェの妻がイタリアの製品とコラボしており、「イタリアのクラブが夫の要求を満たすことを願っている」と指摘した。

 税込み年俸1000万ユーロ(約12億5000万円)というサラリーの減額が必要だが、「ローマかラツィオの連絡があれば、妻も喜ぶと知るゲッツェにとってあきらめるのは簡単じゃない」と伝えた。

 かつての恩師ユルゲン・クロップが「大好き」と称賛し、その復活に期待を寄せているゲッツェ。28歳の新天地は「永遠の都」となるのだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ