【名古屋】ストイックな守護神のコロナ感染に驚き…緊急会見で説明されたランゲラックの現状やリーグ再開への影響

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年06月07日

散歩に行く時はマスクのみではなく手袋も

ストイックな選手として知られるGKランゲラック。オーストラリア代表など経験も豊富だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 名古屋は6月7日、FW金崎夢生の新型コロナウイルスの感染に続き、GKランゲラックが陽性判定を受けたことを発表した。

 オンラインでの緊急会見に出席した小西工己代表取締役社長は「ランゲラック選手に新型コロナウイルスの陽性判定が出ました。ランゲラック選手は発熱や倦怠感など体調不良の症状はありません」と説明。

 6月2日にFW金崎夢生の新型コロナウイルス感染症陽性判定を発表していた名古屋は、4日に選手、スタッフを含めた金崎との濃厚接触者19人のPCR検査を行ない、全員の陰性を報告。ただ6日に選手、スタッフの希望者26人に任意のPCR検査を実施した結果、ランゲラックに新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たという。

 チームは、5月20日から複数人がグループに分かれて行なう練習、6月1日には全体練習を再開していた。1日の全体練習には金崎は不参加だったが、20日からのグループ練習にはFW組として出席しており、ランゲラックもGK組としてグラウンドで汗を流していたという。

 ただ小西社長は「(ふたりの接触は)ございません。基本的にGK、FWは別々のゾーンにいて、それぞれがグループ練習をしていました。(5月)21日、23日、27日、29日にグラウンドのどこかにはいましたが、確認したところ近くで練習したという状態ではありません」と語る。
 現時点でのランゲラックの感染経路は不明だが、経験豊富なGKはオーストラリア代表の実績もあり、周囲からストイックな選手として知られ、予防にも人一倍、気を使ってきた。小西社長も次のように続ける。

「ランゲラック選手はサッカーにおいても、プライベートにおいても非常にストイックな選手です。散歩に行く時はマスクのみではなく、手袋を付けていました。クラブとしましてはランゲラック選手と寄り添い、保健所さんと一緒になって感染経路の特定をできるように努力をしていきたいです」

 ちなみにランゲラックは県外への移動歴はなく、各選手たちは守護神の感染に「皆、驚いている」(大森征之SD)という。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ