豪華な「ファンタジスタの歴史」を誇るも、近年はスケールダウンの感が否めず――イタリア代表の10番列伝

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年06月08日

もっとも輝きを放ったアッズーリの10番は?

バロンドールを獲得したリベーラ(左上)とバッジョ(右上)らイタリアの10番史は、まさに「ファンタジスタの歴史」だ。(C)Alberto LINGRIA,Getty Images,WORLD SOCCER DIGEST

画像を見る

 過去のメジャートーナメントにおいて列強国の代表チームでは一体誰が栄光の10番を背負ってきたのか。歴代の担い手たちはどんな結果を残してきたのか。10番の価値や意味合いなど各国の事情に触れながら、紹介する。

 ここで紹介するのは、数多くのファンタジスタを輩出してきたイタリア代表だ。

―――◆―――◆―――

 アッズーリのヌメロ・ディエチ(イタリア語で「10番」の意)は、いわば「ファンタジスタの歴史」だ。

 古くは魔法の左足を持った奇才オマール・シボリをはじめ、69年にバロンドールを受賞した司令塔ジャンニ・リベーラ、94年W杯でほぼ独力でチームを決勝に導いたロベルト・バッジョ、そして06年W杯で世界制覇を成し遂げたフランチェスコ・トッティは、いずれも技巧と創造性で違いを作る偉大なファンタジスタだった。

 その系譜に連なるアレッサンドロ・デル・ピエロはしかし、98年W杯ではバッジョ、EURO2000ではトッティに主役の座を奪われ、10番を担ったメジャー大会では期待外れ。スーパーサブの06年W杯では7番だった。

 近年はチーム力と並行して10番もスケールダウンが否めず、10年W杯ではセリエA得点王だったアントニオ・ディ・ナターレが低調。アントニオ・カッサーノもEURO12こそマリオ・バロテッリとの悪童コンビで決勝進出に貢献したが、14年W杯ではノーインパクトに終わった。

 17年に10番を継承したロレンツォ・インシーニェは、当初こそ不慣れな左サイドハーフで結果を残せずにいたが、18年5月のロベルト・マンチーニ政権発足後は最も得意な左ウイングで躍動。先のEURO予選でも4試合で3ゴール・1アシストを記録した。来夏の本選では真価が問われることになる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ