「いいぞ、タキ!」南野拓実の好調ぶりを地元紙が報道!リバプール副将も賛辞

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月04日

「リバプールは彼のベストを見ていない」

移籍後7試合に出場し、まだゴールを決められていない南野。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグでは途中出場3試合でスタメン機会なし、公式戦7試合で得点とアシストはゼロ――。1月のリバプール移籍以降、南野拓実は期待に応える結果を残せてはいない。

 それだけに、6月17日から再開が予定されているプレミアリーグで、日本代表アタッカーは巻き返そうと意気込んでいるはずだ。地元紙によると、トレーニングでは好調なところも見せているという。

 地元紙『Liverpool Echo』は3日、クラブ公式チャンネルが伝えた練習風景から、「再開に向けたトレーニングで彼は好調なようだ」と伝えた。ロンドで主将ジョーダン・ヘンダーソンや副主将ジェームズ・ミルナーと組み、後者から「いいぞ、タキ(南野の愛称)!」と賛辞が寄せられたそうだ。

 南野がテクニックを駆使してサディオ・マネやアレックス・チェンバレンからボールを奪われないシーンもあったと報じている。
 
 移籍金が高額だったわけではない南野だが、前述のように結果を出せていないのも確か。記事は「リバプールにおけるキャリアでスロースタートなところがあったと言うのはフェア」「まだリバプールは彼のベストを見ていない」と指摘している。

 そのうえで、今回のトレーニングでの様子から、同紙は「リバプールのファンは、ベストのミナミノを見られることを望んでいるだろう」と締めくくった。それは、日本のファンも同じだ。

 消化が1試合少ない2位マンチェスター・シティに25ポイント差をつけて首位を独走しているリバプールは、残り9試合で2勝すれば30年ぶりのトップリーグ制覇、プレミアリーグとなってからは初優勝となる。シティの結果しだいでは、再開初戦となるエバートンとのマージーサイド・ダービーでタイトルが確定する可能性がある。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ