「いいぞ、タキ!」南野拓実の好調ぶりを地元紙が報道!リバプール副将も賛辞

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月04日

「リバプールは彼のベストを見ていない」

移籍後7試合に出場し、まだゴールを決められていない南野。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグでは途中出場3試合でスタメン機会なし、公式戦7試合で得点とアシストはゼロ――。1月のリバプール移籍以降、南野拓実は期待に応える結果を残せてはいない。

 それだけに、6月17日から再開が予定されているプレミアリーグで、日本代表アタッカーは巻き返そうと意気込んでいるはずだ。地元紙によると、トレーニングでは好調なところも見せているという。

 地元紙『Liverpool Echo』は3日、クラブ公式チャンネルが伝えた練習風景から、「再開に向けたトレーニングで彼は好調なようだ」と伝えた。ロンドで主将ジョーダン・ヘンダーソンや副主将ジェームズ・ミルナーと組み、後者から「いいぞ、タキ(南野の愛称)!」と賛辞が寄せられたそうだ。

 南野がテクニックを駆使してサディオ・マネやアレックス・チェンバレンからボールを奪われないシーンもあったと報じている。
 
 移籍金が高額だったわけではない南野だが、前述のように結果を出せていないのも確か。記事は「リバプールにおけるキャリアでスロースタートなところがあったと言うのはフェア」「まだリバプールは彼のベストを見ていない」と指摘している。

 そのうえで、今回のトレーニングでの様子から、同紙は「リバプールのファンは、ベストのミナミノを見られることを望んでいるだろう」と締めくくった。それは、日本のファンも同じだ。

 消化が1試合少ない2位マンチェスター・シティに25ポイント差をつけて首位を独走しているリバプールは、残り9試合で2勝すれば30年ぶりのトップリーグ制覇、プレミアリーグとなってからは初優勝となる。シティの結果しだいでは、再開初戦となるエバートンとのマージーサイド・ダービーでタイトルが確定する可能性がある。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「サラーやマネは無理でも、フィルミーノになら…」ザルツブルクの恩師、南野拓実の飛躍に太鼓判!
南野拓実が日本語でバースデーソングを披露!40歳を迎えた“英雄”ジェラードにリバプールが粋なサプライズ!
「少し大人しい」古巣ザルツブルク指揮官が分析した南野拓実の“特徴”とは? 「何も与えられないとしても…」
久保建英のソシエダ行きは白紙か?マドリー保有の“神童”ウーデゴーが注目発言!
「マジョルカは2人のメッシを…」久保建英のライバルにも!? スペイン紙が15歳の超逸材を紹介

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ