“怪物”や“イタリアの至宝”の中で最も輝いたのは? インテルの10番の系譜

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年06月08日

最も輝いたのは?

ロナウド(左上)、バッジョ(右上)、スナイデル(左下)、ラウタロ(右下)とスター選手が着用した一方で負の歴史も。 (C) Alberto LINGRIA,Getty Images

画像を見る

 サッカー界におけるエースナンバーである「10番」。その栄えある番号をメガクラブでは一体誰が背負ってきたのか。

 固定番号制が導入されたシーズンから現在に至るまで、重役を担ってきたインテルの10番たちを一挙に紹介する。

―――◆―――◆―――

 出入りの激しいクラブカラーも大きく関係し、直近25年間で実に11人がインテルのナンバー10を背負っている。1990~2000年代で唯一の成功者が“フェノーメノ(怪物)”ロナウド。入団初年度はスーパープレーを連発し、97年のバロンドールを受賞した。

 その怪物から10番を譲り受けた“イタリアの至宝”ロベルト・バッジョは、怪我や監督との軋轢で本領発揮ならず。ただ、ラストシーズン最終節に2得点を挙げてチャンピオンズ・リーグ出場権をもたらし、ガゼッタ紙が採点「10点満点」を付けるという伝説も残した。

 以降は、クラレンス・セードルフが2年半でチームを去り、最長5年の10番着用だったアドリアーノも怪我や私生活のトラブルが絶えなかった。

 そんな負の歴史に終止符を打ったのが、09年加入のヴェスレイ・スナイデル。パスの精度は距離を問わず正確で、難易度の高いプレーを軽々とやってのける攻撃的MFの名手は、「モウリーニョ・インテル」のまさに画竜点睛となり、入団1年目にイタリア史上初の3冠達成に決定的な貢献を果たした。

 その後のマテオ・コバチッチ、ステバン・ヨベティッチ、ジョアン・マリオは期待外れだったものの、18年加入のラウタロ・マルティネスは上々のパフォーマンス。ただ、現在はバルセロナと売却交渉が深い段階まで進んでおり、来シーズンは再び新たなナンバー10が誕生か。
 
◆インテルの歴代10番の系譜と戦績はこちら
※セリエAが固定番号制に変更した95-96シーズンから

ベニート・カルボーネ(FW/イタリア/在籍期間95~96年)
10番を背負ったシーズン:95-96
10番時代の公式戦成績:43試合・3得点・0アシスト

ロナウド(FW/元ブラジル代表/在籍期間97~02年)
10番を背負ったシーズン:97-98
10番時代の公式戦成績:47試合・34得点・5アシスト

ロベルト・バッジョ(FW/元イタリア代表/在籍期間98~00年)
10番を背負ったシーズン:98-99~99-00
10番時代の公式戦成績:59試合・17得点・0アシスト

クラレンス・セードルフ(MF/元オランダ代表/在籍期間00年~02)
10番を背負ったシーズン:00-01~01-02
10番時代の公式戦成績:68試合・9得点・8アシスト

ドメニコ・モルフェオ(MF/イタリア/在籍期間02~03年)
10番を背負ったシーズン:02-03
10番時代の公式戦成績:27試合・2得点・1アシスト

アドリアーノ(FW/元ブラジル代表/在籍期間01~02年、04~07年、08~09年)
10番を背負ったシーズン:03-04~07-08、08-09
10番時代の公式戦成績:163試合・73得点・27アシスト

ヴェスレイ・スナイデル(MF/元オランダ代表/在籍期間09~13年)
10番を背負ったシーズン:09-10~12-13
10番時代の公式戦成績:116試合・22得点・35アシスト

マテオ・コバチッチ(MF/クロアチア代表/在籍期間12~15年)
10番を背負ったシーズン:12-13~14-15
10番時代の公式戦成績:97試合・8得点・11アシスト

ステバン・ヨベティッチ(FW/モンテネグロ代表/在籍期間15~17年)
10番を背負ったシーズン:15-16~16-17
10番時代の公式戦成績:33試合・7得点・4アシスト

ジョアン・マリオ(MF/ポルトガル代表/在籍期間16~18年、18~19年)
10番を背負ったシーズン:17-18
10番時代の公式戦成績:15試合・0得点・5アシスト

ラウタロ・マルティネス(FW/アルゼンチン代表/在籍期間18年~)
10番を背負ったシーズン:18-19~
10番時代の公式戦成績:66試合・25得点・5アシスト

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

※『ワールドサッカーダイジェスト』2020年6月4日号より転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ