【J再開後の見どころ】今季限定ルール「交代枠5人」「降格なし」で浮かび上がるJ1&J2の優勝候補は?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年06月03日

0-0のような堅い試合は少なくなる可能性は高い

2020年限定ルールもある今季のJリーグ。栄冠を掴むのはどこか。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響で延期されていたJリーグが、緊急事態宣言の解除を受けて5月29日に再開日を発表。具体的には6月27日にJ2&J3リーグが、その1週間後の7月4日にJ1リーグの試合が実施されることになった。

 5月15日にJ1最速で練習をリスタートさせた鳥栖と、例えば6月1日に再始動した札幌とではコンディションに差が出るだろう。このコンディションの差がとりわけシーズン序盤は試合の流れを左右するファクターになりそうだが、とはいえそれで覇権の行方が決まるわけではない。

 むしろ注目すべきは、2020年シーズンの限定ルール。その一つ目が「昇格あり」・「降格なし」で、もうひとつが「交代枠5人」(ただし、交代回数はハーフタイムを除き各チーム3回まで)である。

 「降格なし」なら、あえて引き分けを狙う必要はない。たとえリーグ戦で全敗しても残留できるのだから、失点は承知のうえでアグレッシブに戦ってもなんら問題はないだろう。試合を重ねていくうちにタイトルレース(ACL出場権争いも含む上位戦線のバトル)に絡むようになれば、そのチームは慎重なスタンスで勝点を狙うケースも出てくるはずだ。ただ、一方で“来季への準備”を睨んで様々なテストをするチームがあっても不思議はない。目先の勝点より近未来への投資。そうした動きが活発になれば、おそらく例年以上にオープンな展開のゲームが増えるかもしれない。
 
 もちろん伝統的に堅守速攻を貫くようなチームもあるだろうし、打ち合いが増えるとは一概に言えない。しかし、残留争いがない分、0-0のような堅い試合は少なくなる可能性は高い。そう仮定した場合、白星をコンスタントに積み上げそうなのが攻撃力の高いチーム。昨季の成績も参考資料にすれば、J1なら横浜、川崎、柏、J2なら磐田、徳島、新潟あたりがリーグを盛り上げてくれるだろうか。

 オープンな展開にやりやすいと予想できるもうひとつの根拠が「交代枠5人」。実際、FC東京の長谷川健太監督はこんなコメントを発している。

「いろんな選択肢があります。5人交代できるということはフィールドプレーヤーの半分を代えられるわけですから。試合開始直後から飛ばしてくるチームもあるんじゃないかなと。なれてきたら、非常にアグレッシブな試合が多くなるかもしれません」
 
【関連記事】
番記者選定「J1・クラブ別歴代最高プレーヤー」。選ばれし18名の顔ぶれは?
番記者選定「J2・クラブ別歴代最高プレーヤー」。選ばれし22名の顔ぶれは?
坪井慶介が選ぶJ歴代最強チーム「磐田と同じく観ていてワクワクしたのが…」
大久保嘉人が選ぶJ歴代最強チーム「得点王になれたのは川崎のおかげ。公園で遊んでいる感覚やった」
佐藤寿人が選ぶJ歴代ベスト11「華麗で、闘えて、走れるメンバー。中盤でより評価されるべきは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ