清水の鄭大世に「なんでJリーグにいるのかな」と言わしめたハイレベルな2選手は?

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2020年06月06日

「僕がゴールを奪えていたのは彼のおかげ」

今季でJリーグ11年目となる鄭大世。16年にはJ2で得点王に輝いた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季で清水在籍6年目を迎えた鄭大世は、プロキャリアをスタートさせた川崎に加え、ドイツや韓国でプレー。J通算200試合以上に出場している経験豊富なストライカーだ。

 そんな鄭大世が「なんでJリーグにいるのかな」と思ったレベルの高い選手が、これまでにふたりいたという。

 まずひとり目が2006年から5シーズン、川崎でチームメイトだったジュニーニョだ。ジュニーニョについて「チャンスメイクもフィニッシュもなんでもできる。僕がゴールを奪えていたのは彼のおかげ」と称賛。また「大事なところ、得点が欲しいところでゴールを決める」勝負強さにも驚いたという。
 

鄭大世はかつてチームメイトだったドウグラス(左)とジュニーニョ(右)を称賛した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ちなみに特に印象的に残っているシーズンがあるようで、それが川崎でジュニーニョ、レナチーニョと3トップを組んだ08年だ。リーグ2位と優勝には届かず。ただ「プレーしていて楽しかったし、(3トップは)相手からしたら脅威だったはず。僕も自信を付けてノッていた」と当時を振り返る。

 そして「もうひとりいるんですけど」と挙げたのが、昨季まで一緒にプレーしていたドウグラスだ。強さ、速さ、上手さを備えるドウグラスとは約1年半、清水で時間をともにした。同じCFタイプでポジションを争ったライバルの能力の高さは、衝撃だったようだ。

 今後、鄭大世に「なんでJリーグにいるのかな」と言わしめる選手は出てくるだろうか。再開後のJリーグで、新たなスターの誕生に期待したい。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】清水エスパルスの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ