【G大阪】過密日程を乗り越える鍵に!?食野らも鍛えた“育成のエキスパート”の指導力

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2020年05月27日

福田に原点回帰を促した「お前の武器はなんだ?ドリブルだろ?」

G大阪U-23の選手たちを指導する森下監督(写真中央)。食野亮太郎や福田湧矢、中村敬斗などトップチームへ輩出した選手は多い。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 19年3月10日。髙尾瑠、髙江麗央(現J2町田)、食野亮太郎(現ハーツ)、福田湧矢の4人は、G大阪U-23のメンバーとしてJ3開幕・八戸戦のピッチに立っていた。約2か月後の5月18日、彼らはトップチームの一員としてセレッソとの“大阪ダービー”のピッチに立っていた。

 髙江は決勝点をアシストし、福田は積極的な仕掛けで攻撃を活性化させた。J1デビュー戦の髙尾も安定した守備を披露。7試合連続で白星がなくJ2降格圏に足を踏み入れていたG大阪を救ったのは、開幕をU-23チームで迎えた若手たち。1-0の勝利を収めた後、興奮冷めやらぬ口調で福田は話した。

「今日は仁志さんと裕司さんのために戦ったようなものだった」

「裕司さん」は宮原裕司U-23コーチ。そして「仁志さん」とは19年からU-23チームの指揮を執る森下仁志監督(47)のことだ。
 同年1月下旬。沖縄キャンプに帯同できなかった若手6人の中に福田はいた。「大きなショックはあった」。福田は高卒1年目の18年、リーグ開幕戦でいきなりレヴィー・クルピ監督にスタメン抜擢された。だがポジションは経験したことがないボランチ。そしてチームは開幕から低空飛行を続け、徐々に自らも居場所を失った。2年目を迎えた時には自分を見失っていた。そんな悩む福田を見透かしたように、ある時、森下監督が言った。

「お前の武器はなんだ?ドリブルだろ?」

 中学時代から好きだったプレー。プロへの扉を開いた自分の武器。「このままサッカー人生が終わるのかなとか、こんなもんじゃないだろうとか考えていた時期だった。目を開かせてもらった」。福田は原点回帰を促されたことで輝きを取り戻した。

 そして同じく居残りキャンプ組だった食野。森下監督は、彼には“違った景色”を見せることで才能を引き出すことに成功した。

 18年はJ1で11試合に出場。主に攻撃的MFだった。ただ森下監督は食野のゴール前での強気な姿勢を見逃さなかった。ある日の練習。唐突に「よしっ、今年はFWをやろう」と提案した。「最初は“んんっ?”て感じだった」(食野)が、熱量の高い指導に当時20歳の心は動かされた。5月にはJ1初得点を挙げ、夏にはイングランドの名門・マンチェスター・シティへ完全移籍(その後、ハーツへ期限付き移籍)した。10月には東京五輪世代のU-22代表にも初選出されるほどになった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ