ローマ L・アドリアーノ獲得ならデストロはミランに移籍か

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年01月27日

デストロにはインテルやトッテナムも関心。

L・アドリアーノ獲得が決まれば、玉突きでローマを押し出されそうなこのデストロを、ミランなど複数のクラブが狙う。 (C) Getty Images

画像を見る

 ローマがシャフタール・ドネツクのブラジル代表FWルイス・アドリアーノ獲得に動いており、そのために合意済みのエジプト代表モハメド・サラー(チェルシー)の移籍をペンディングにしていることは既報の通り(両者ともにEU外国籍プレーヤーで、ローマの外国人枠はひとつしか空いていないため)。
 
 ローマはシャフタールに対して800万ユーロ(約11億2000万円)での買い取りオプション付きレンタル(レンタル料200万ユーロ=約2億8000万円)をオファーし、すでに選手本人とミルチェア・ルチェスク監督の同意を手にしており、あとはリナト・アフメトフ会長のOKを待つだけという状況だ。
 
 獲得が決まった場合は、フランチェスコ・トッティに出場機会を塞がれているイタリア代表FWマッティア・デストロの放出に踏み切ることも十分に考えられる。デストロは1月27日、リュディ・ガルシア監督と移籍の可能性について話し合いを持つ予定。
 
 ローマは、もし手放すのであれば少なくとも2000万ユーロ(約28億円)の移籍金での完全移籍、あるいは買い取り義務付きレンタルが条件と考えており、それが満たされない場合は1月の移籍には応じない意向だ。
 
 いまのところミランが最も積極的な姿勢を見せているが、水面下ではインテル、そしてトッテナムがコンタクトを取っており、予断を許さない状況になっている。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ