ローマ サラー獲得でチェルシーと合意も最終判断は保留…背後にブラジル代表L・アドリアーノを巡る動き

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2015年01月26日

サラーの代理人はローマの態度にはっきりと不満を表明。

EU外枠の関係で、ローマはサラー(左)とL・アドリアーノ(右)を両天秤にかけている。 (C) Getty Images

画像を見る

 ローマはかねてから交渉中だったエジプト代表MFモハメド・サラー(チェルシー)の獲得で最終的な合意に達した。
 
 移籍形態は買い取りオプション付きの18か月レンタル(レンタル料50万ユーロ=約7000万円)だが、ローマはサラーのパフォーマンスに満足しない場合、6か月あるいは12か月で返却することができる。
 
 逆の場合には、6か月あるいは12か月後に、あらかじめ定められた1700万ユーロ(約23億8000万円)の移籍金で買い取ることも可能という、フレキシブルな契約になっている。
 
 サラーはこれに伴って、チェルシーとの契約を年俸220万ユーロ(約3億800万円)で2019年まで延長している。
 
 ただし、ローマはこの移籍に踏み切るかどうかの最終的な判断を数日間保留するという姿勢を見せている。
 
 これは、一方でFWマッティア・デストロの放出を見据えてブラジル代表ルイス・アドリアーノ(シャフタール)の獲得にも動いているため。すでにシャフタールにはオファー済みで、回答待ちという状況。
 
 サラーとL・アドリアーノはいずれもEUパスポートを持っておらず、外国人(EU外)枠の関係で2人を同時に獲得することは不可能なため、サラーの獲得をペンディングせざるを得ない状況になっている。
 
 これに対してサラーの代理人ははっきりと不満を表明しており、アトレティコ・マドリー、フィオレンティーナなど、獲得に興味を示したクラブに改めてコンタクトを取るとともに、ローマに期限を切った最後通牒を突きつけることになりそうだ。
 
 ローマの獲得リストには、セビージャで今シーズン12得点を挙げているコロンビア代表FWカルロス・バッカ、ウクライナ代表FWエフゲン・コノプリャンカ(ドニプロ)の名前も挙がっている。こちらは夏の獲得を前提として検討を進めており、その結果もサラーかL・アドリアーノかという判断を左右する要因のひとつになりそうだ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
インテル クロアチアの新鋭ブロゾビッチを射止める & 夏の本命はラベッシ
レアル・マドリー移籍が決定! 16歳の神童ウーデゴーとは何者なのか
レアル・マドリーが認めたその実力は本物か!? 16歳の神童ウーデゴーを現役監督が徹底解剖!
【移籍市場超速報】新たな正守護神に チェフを狙うローマの本気
チェルシー サラーのレンタルでの放出を否定

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ