播戸竜二が選ぶJ歴代ベスト11「『超攻撃』がテーマ!切り札はもちろん…」

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年05月03日

2列目に並ぶのは創造性豊かなタレント

赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。播戸氏が選んだのは、「パスワークの質が各段に上がる」と称賛する遠藤だ。

画像を見る

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、G大阪やC大阪などで活躍し、現在はJリーグ特任理事などを務める播戸竜二の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 テーマは『超攻撃』。8:2くらいで攻撃に比重をかけて戦いたい。俺が代表とクラブで一緒にプレーしてきた選手たちの中から、それが可能なメンバーとシステムを選んだ。カリスマ性のある西野監督は細かいことは言わず、大局的な視点で采配を振るってくれるだろう。

 常にボールを保持するためにアンカーには遠藤を置く。彼がひとりいるだけでパスワークの質は各段に上がる。常にこのボランチを経由してボールをポゼッションしていく感じだ。Jリーグでも日本代表でも歴代最多の出場数で、公式戦1000試合を経験する遠藤が、このチームに落ち着きをもたらしてくれるのは間違いない。
 
 2列目に並ぶのは創造性豊かなタレント。乾には突破力、アキ(家長)にはキープ力、(香川)真司には狭い局面での打開力を存分に発揮してもらいたい。この3人とはセレッソでともにやったが、それぞれ自慢の武器があるし、成長度合いが素晴らしい。アキなんてガンバでも一緒で、19歳の時から見ているけど、当時から遥かに力をつけて、リーグMVPにも輝いた。

 そんなシャドー3人と絡みながら、多彩な攻撃を繰り出してほしいのが、加地と新井場という馬力と技術のある両SB。加地は攻撃的にも守備的にも振る舞えて、アキのカバーリングもこなせそうだし、鹿島で勝者のメンタリティを培い、技術の高い新井場も、乾と好連係を築いてくれるだろう。

 もちろん遠藤も守備には献身的で、2列目のトリオもハードワークができるし、両SBも堅実的に守備もこなせるタイプだが、カウンター対策として、2CBにはスピードとパワーを絶対に求めたい。(田中マルクス)闘莉王、中澤(佑二)さんも考えたけど、ここは一緒にやって頼もしかった(上本)大海と茂庭をチョイスした。ふたりとも対人能力は抜群。1対1はお手の物だし、数的不利の状況でも防いでくれる。大海はフィード能力も高いから、逆にカウンターをお見舞いするのもアリだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ