名良橋晃が選ぶJ歴代ベスト11「ずっと”師匠”で、憧れの右SBは…」

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2020年04月30日

三都主とアツは、ふたりともやりがいがあった相手

赤く囲っているのが「MY BEST PLAYER」。名良橋氏が挙げたのは、鹿島時代のチームメイト、ジョルジーニョだ。

画像を見る

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、「Jリーグ歴代ベストイレブン」と題し、現役選手や元日本代表など総勢50名に“マイベストイレブン”を選んでもらっている。人選の条件は現在までに登録されたJリーガーで、外国籍選手は3人まで。ここでは、平塚(現湘南)や鹿島などで右SBとして活躍し、1998年にはフランス・ワールドカップに出場した名良橋晃氏の“マイベストイレブン”を紹介しよう。

――◆――◆――

 現役時代に対戦して、強烈な印象が残った選手たちを中心に選びました。なので、現役はいないですね。

 マッチアップして一番やりにくかったのは、スピードでドリブルを仕掛けてくる三都主。左SBではアツの「カミソリか!!」というくらい鋭い切り返しに、何回引っかかったことか……。彼は、”元祖ブレ球フリーキッカー”なので、無回転キックも凄かったですね。対峙した三都主とアツは、裏を返せば、ふたりともやりがいがあった相手です。

 助っ人でインパクトが強かったのは、力強いオリバとスピードのあるケリー。どちらも、技術も高かった。オリバは98~99年の頃に勢いのあった清水で、前線の中心になっていて、よく印象に残っています。対戦して嫌な存在でしたね。ケリーは中盤で活きる選手だと感じました。

 テクニックがある俊哉は「こんなところにいるの?」という神出鬼没な嫌らしいプレーもしてきた。敵としてだけでなく、代表では味方としても一緒にプレーしましたけど、上手さがあって、得点感覚もある。良い選手でしたね。

 モトさんで印象深いのは、僕が鹿島にいた97年、三ツ沢でのフリューゲルス戦で決められたハットトリックですね。守備のバランスを取れて、得点も取れる。キャプテンシーもあったので、味方にすると本当に心強い選手です。
【関連記事】
【ジーコが語るJリーグ|前編】「日本サッカーは発展する」と予想していた理由
【ジーコが語るJリーグ|中編】「正直、歯止めをかけられない」。若手海外移籍への懸念
風間八宏が選ぶJ歴代ベスト11「伸二と嘉人は日本が生んだ天才」
大久保嘉人が選ぶJ歴代ベスト11「憲剛さんは“別格”。ヒデさんは強烈だった」
森重真人が選ぶJ歴代ベスト11「対峙するだけで嫌だった『悪魔』のFWは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ