レアル・マドリーが認めたその実力は本物か!? 16歳の神童ウーデゴーを現役監督が徹底解剖!

カテゴリ:ワールド

ロベルト・ロッシ

2015年01月25日

ボールコントロールの繊細さはすでにトップレベル。

卓越したテクニックの持ち主で、ワールドクラスに成長できるだけのポテンシャルを備えていると、ロッシ氏は称賛。 (C) Getty Images

画像を見る

 15歳でプロデビューとノルウェー代表デビューを果たし、16歳でレアル・マドリーに引き抜かれたマルティン・ウーデゴー。
 
 いま、欧州サッカー界で最もホットなこのヤングタレントを徹底解剖!
 
 現役イタリア人監督が、「テクニカル」「フィジカル」「タクティカル」「メンタル」の4つの側面から分析し、その可能性を探った。
 
※ワールドサッカーダイジェスト2015年2月15日号より転載。レアル・マドリー移籍前の原稿です。
 
――◆――◆――
 
Martin ODEGAARD
マルティン・ウーデゴー/1998年12月17日生まれ、身長176センチ・体重60キロ。ノルウェー代表歴3試合・0得点(2015年1月24日現在)。
 
――◆――◆――
 
【テクニカル】
 ウーデゴーが傑出した才能を持っているのは、ウェブ上に流布している動画からも確認できる。
 
 15歳でノルウェーのA代表にデビューしただけでなく、所属するストレームスゴドセトでも大人たちに交じって堂々と、しかもいい意味で無頓着にプレーするシーンを見る限り、強いパーソナリティの持ち主であるのも確かだろう。
 
 ただしそれだけの材料から、現在16歳の若者が最終的にどれほどのプレーヤーになるかを見通すのは難しい。
 
 栄光を掴めるか否かは、これからの成長と成熟にかかっているからだ。宝石に例えれば、彼はまだ「原石」に過ぎない。たとえそれがどれだけ素晴らしくとも、どのようにカットされ、磨かれ、どんな宝石になるかは、今後の問題なのだ。
 
 技術レベルの高さはプレーを見ればすぐに伝わってくる。優れた両足のセンシビリティ、その感覚に支えられたボールコントロールの繊細さはすでにトップレベル。パス、シュートは精度が高く、トリッキーなボール捌きを駆使したドリブル突破も素晴らしい。
 
 これらの観点から判断すれば、ワールドクラスに成長できるだけのポテンシャルを備えていると言える。
 
【フィジカル】
 16歳という年齢を考えれば平均的水準にあるが、トップレベルでプレーするにはまだパワーが足りない。それは際立ったプレーの大半において、スピードやクイックネスではなく、テクニックと創造性によって違いを作り出している事実からもわかる。
 
 真のワールドクラス、世界のトップを争うフットボーラーになれるかどうかは、傑出したテクニックとファンタジアに、トップレベルのフィジカル能力が伴ってくるかどうかにもかかっている。
 
 現時点で言えるのは、コーディネーションがきわめて優れているという点。これはポジティブなファクターで、そこにパワーが乗っかれば、スピードとアジリティの効率的な向上が期待できる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ