• トップ
  • ニュース一覧
  • 【豪州メディアが報じた日本評】「日本はおそらく、試合前から準決勝のことを考えていた」

アジアカップ2015

【豪州メディアが報じた日本評】「日本はおそらく、試合前から準決勝のことを考えていた」

カテゴリ:日本代表

植松久隆

2015年01月24日

準決勝での対戦が濃厚と目されていた分、日本の敗退は驚きを呼ぶ。

日本の敗退はオーストラリアでも驚きをもって報じられた。『FOX sports』のウェブ版では、「日本はおそらく試合前から準決勝のことを考えていたから、どこか遠慮がちなプレーになってしまった」と指摘した。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 オーストラリアでも、日本がUAEにまさかの敗戦を喫したニュースは大きな驚きをもって迎えられた。

【ゲームPHOTOギャラリー】

 メディアやSNSでの記述をひと通り確認してみて、最も多く目に付いた単語は「upset(番狂わせの意)」。さらには、記事やブログの投稿では「stun」という動詞も頻繁に用いられていた。これは、もともとは“唖然とさせる”という意味だが、スポーツ関連の新聞の見出し用語では“金星を挙げる”の意で使用される。
 
 こういった単語を使うのには、当然ながら理由がある。自国の代表“サッカルーズ”がニューカッスルでの準決勝進出を決めてからというもの、その相手は「日本になるだろう」、いや「日本になるに違いない」との根拠のない前提が、メディアにもファンの中にもあった。それがゆえの日本敗退に対しての驚きのリアクションだと考えれば合点がいく。
 
 準国営放送『SBS』のサッカーポータル『the World Game』の記事は、メインの見出しを「UAEが日本から金星で、サッカルーズとの準決勝へ進出」と打った。
 
 同じ記事の導入部分では、「UAEが王者日本との準々決勝で番狂わせ(upset)を演出。PK戦までもつれこんだシドニーでの勝利の後、予想と反しての(unlikely)オーストラリアとの準決勝に駒を進めた」との一文があった。筆者の結果に対しての意外だという思いが、ひとつのセンテンスの中の「upset」や「unlikely」といった記述からひしひしと伝わってくる。
 
 『FOX sports』のウェブ版は、『デイリー・テレグラフ』紙のトム・スミシーズの署名入り記事を転載。その見出しには「UAEが日本を準々決勝でノックアウト。今大会最大の驚きを演出」 とあり、本文中では「すべての人々にとっての最大の驚き」という表現で、驚きの度合いを表現しているのが面白い。
 
 この記事の中で最も印象的だったのは、以下の鋭い指摘の一文だ。
 
「日本は、おそらく試合前から準決勝のことを考えていた。だからどこか遠慮がちなプレーになってしまい、UAEに主導権を握られて、失点まで喫した試合の立ち上がりのような展開になってしまったのかもしれない」
【関連記事】
【日本代表戦術検証】突き詰められなかった守備の形
【日本代表 本誌論評】6月のW杯予選開幕まで時間はない。協会は一刻も早く明確な姿勢を示すべきだ
【韓国メディアが報じた日本評】UAE戦の敗因を鋭く指摘し、ライバルの脱落に安堵
【セルジオ越後の天国と地獄】ワールドカップから成長がないことがはっきりした
【アジアカップ】金田喜稔が斬る! 「Jリーグ組の危機を感じた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ