絢爛豪華! “銀河系軍団”プレーヤーがズラリ! 現地番記者が選ぶ「過去20年のR・マドリー・レジェンドTOP10」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月20日

錚々たる顔触れが居並ぶ!

R・マドリーのトップ10にはフットボール史に残る錚々たる顔ぶれが。(C)Getty Images

画像を見る

 欧州ビッグクラブでいわゆる“レジェンド”と呼ばれるプレーヤーを、「2000年以降のチームの勝利や発展、タイトルの獲得、クオリティーアップにどれだけ大きく貢献したか」という基準で、現地記者に格付けしてもらった。

 スペイン紙『AS』のセルヒオ・サントス・チョサス記者が選出したレアル・マドリーのレジェンドTOP10は――。

―――◆―――◆―――

 2000年以降でもっともチームに貢献したのはカシージャスだ。タイトル獲得数(19)ではS・ラモスやマルセロより下回るが、カンテラ出身で、16シーズンに渡ってトップチームのゴールマウスを守った功績を評価した。

 2位はS・ラモスとC・ロナウドの二者択一で迷ったが、在籍年数の長い前者を選出。14年のCL決勝(アトレティコ戦)でロスタイムに決めた同点弾は、以降の3連覇の文字通りの号砲となった。C・ロナウドは438試合に出場して450得点をマーク。不動の点取り屋として4度のCL制覇に多大な貢献を果たした。
 
 4位は90年代中頃から00年代初頭のマドリーを牽引したラウール。CLを3回、ラ・リーガを6回制し、通算325ゴールを記録した正真正銘のレジェンドだ。5位には、SBでありながら通算69得点をマークするなど、圧巻の攻撃力を披露したR・カルロスを選出した。

 同タイプのSBであるマルセロは、S・ラモスと並んで歴代最多の21タイトルを獲得した。ジダンは、02年のCL決勝(レバークーゼン戦)で決めたスーパーボレーが強烈に記憶に残る。

 バルセロナから禁断の移籍で入団したフィーゴは、ガラクティコ第1号として一時代の先駆者となっただけでなく、正確無比のクロスで豪華FW陣のポテンシャルを引き出した。

 9位のモドリッチは、真摯なプレーですべてのファンから愛されており、実力と人気を併せ持った選手だ。10位には、銀河系軍団の中でいぶし銀の働きを披露した職人気質のSB、サルガドを選出。決して目立つタイプの選手ではなかったが、持ち前のガッツ溢れるプレーと、通算371試合に出場し、10年の長きに渡ってマドリーのDFラインを支えた点を高く評価した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ