「小さな巨人」「マラドーナとバッジョの次に偉大」「チェルシーでの名声を捨て…」ゾーラのカリアリ時代ゴール集が盛況!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年04月01日

チェルシーからセリエBのカリアリへ。

カリアリ時代のゾーラ。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 セリエAのレジェンドのひとりが、元イタリア代表FWのジャンフランコ・ゾーラだ。
 
 168cmと小柄だったファンタジスタは、ディエゴ・マラドーナ時代のナポリで台頭し、1990年代前半はパルマで活躍。96~03年まではチェルシーで一時代を築いた。
 
 そして03年夏には、当時セリエBのカリアリへ驚きの移籍。チェルシーを買収したばかりのロマン・アブラモビッチは、ファンの人気者だったゾーラの残留を強く望んだと言われるが、故郷サルデーニャ島のクラブであるカリアリへ、大幅なギャラダウン覚悟で渡ったのだった。
 
 このカリアリでもゾーラはマジカルなプレーを連発し、1年でクラブをセリエAに昇格させ、04-05シーズンもセリエA残留に導いて現役引退。わずか2年の在籍ながらこの小兵ファンタジスタは、カリアリのレジェンドのひとりだ。
 
 そんなゾーラのカリアリ時代のゴール集を、セリエA公式YouTubeが配信。正確なミドル、意外なヘディング、得意のFKなどに、ファンたちは歓喜の声を上げている。
 
「小さな巨人」
「いつだって美しいプレーヤーだった」
「30代後半とは思えないプレーの連続だった」
「ナポリやパルマの時代のゴールも観たい!」
「チェルシーのスーパーレジェンド」
「ナポリでマラドーナからたくさん学んだんだろうな」
「チェルシーで掴んだ名声をすべて捨て、故郷のカリアリに戻ってきてくれた。最高のカンピオーネ(偉大な名手)だ」
「ナポリ・ファンもずっと彼を愛している」
「ユベントス戦のヘディングシュートは信じられない。あんなに小柄なのに」
「2004-2005は歴代でも最高のカリアリだった」
「マラドーナとバッジョの次に素晴らしいファンタジスタ」
「セリエA、素晴らしいハイライトをありがとう」
 
 いまもゾーラのプレーは、サッカーファンの心に焼き付いているようだ。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ