「ついに狂ったか?」自宅隔離中のセスクが“隣人トラブル”!? SNSで公開した動画が話題に。実は――

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月18日

自宅のバルコニーで絶叫し――

モナコの司令塔セスクが公開した動画が話題を呼んでいる。 (C) Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響で、ヨーロッパでは感染者が続出。この危機的状況を受け、5大リーグをはじめとする各国リーグは中断を余儀なくされている。

 休止に伴って、大半の選手が、クラブから自宅謹慎を命じられるなか、スターたちはSNSを使って、ユニークな情報を発信。サッカーのない日常に苛まれているファンたちを思い思いに楽しませている。

 そのなかでも、興味深い話題を提供しているのが、リーグ・アンのモナコに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスだ。

 32歳のベテランMFは、15日にチェルシー時代の同僚ウィリー・カバジェロとのPK勝負に敗れ、ボロボロになった中古のレンジローバー(高級外車)をプレゼントした爆笑秘話をSNSで公開したばかりだが、新たに“オリジナル・ムービー”を発信した。

 自身のツイッターで、「隔離4日目で人々は本当にピリついている」という文言とともに公開された動画内で、セスクは自宅と思われる場所のバルコニーから「ご近所の皆さん、おはようございます!」と絶叫。すると、隣人から「うるせぇ! バカ野郎!」と怒鳴り返される。すると、これに対して、「はい! ありがとう! あなたもバカ野郎だ!」と言い返したのである。
 一見すると、隣人トラブルにも見える動画だが、実は1988年にアメリカで公開されたエディ・マーフィー主演のコメディー映画「星の王子様 ニューヨークへ行く」のワンシーンを再現したフィクションムービーなのである。

 しかし、セスクの迫真の演技(?)もあってリアリティーのある仕上がりとなっており、ファンからは次のようなメッセージが殺到した。

「何かあったのか!?」
「本当に揉めているかと思った」
「ついに頭がおかしくなったのかと…(笑)」
「気が狂ったのかな」
「君が投稿してくれる限り、退屈は楽しみに変わる」
「やっぱり君は世界最高だ」
「演技は下手だけど、素晴らしいビデオだ」
「この男は格別。図抜けた個性の持ち主」
「いつか共演してもらいたい」

「本家のエディ・マーフィーを越えた」というコメントも付くほどの完成度の高いおもしろムービーを公開したセスク。欧州のサッカーシーンがストップしているいま、そのSNS投稿はファンの注目の的になりつつある。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ