「チームの光明だ」「サポーターはうっとり」本田圭佑のボタフォゴ・デビュー戦を現地メディア称賛! ネットでは爆発的ブームに

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月16日

無観客試合ながら、ネット上でサポーターが乱舞

ブラジルでのデビューを初ゴールで飾った本田。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 本田圭佑がブラジルで待望のデビューを飾った。

 ブラジルのカンペオナート・カリオカの第3節で、バングーとホームで対戦したボタフォゴは1-1で引き分けた。チームにとって貴重な唯一の得点をマークしたのは、この日がデビュー戦となった本田だった。

 28分、FWラファエウ・ナバーロが敵GKに倒されて得たPKで、本田がキッカーを務める。やや緊張の面持ちだった本田だが、きっちりとゴール左隅に蹴り込んで、貴重な先制点のチャンスをモノにした。

 現地メディア『terra』のデビッド・ナスクリメント記者は「バングーの守備が崩壊した瞬間を逃さなかったナバーロ、そして見事にPKを決めてみせたホンダ。彼はデビュー戦で確かにそのクオリティを見せ、今後のシーズンでチームにとって十分な助っ人になり得る存在であることを証明した」と称賛した。

 また、ブラジルメディア『UOL』は、本田の活躍に対するSNSでの爆発的な盛り上がりに驚いているようだ。

「チームの光明となり得る選手だ。無観客のため、スタジアムにサポーターは不在だったが、インターネット上ではボタフォゴのサポーターが、うっとりとその活躍を見つめていた。インターネットにはすぐさま本田の画像と動画が出回り、すさまじいインターネットミーム(ネット上での爆発的なブーム)と化した」
 
 現地では引き分けという試合結果に対しては厳しい声も上がっている。だが、本田の存在がチームにとって明るい材料となったことは間違いないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ