「ホンダが輝く!」「ノーチャンスの完璧なキック」ブラジル・デビュー弾を決めた本田圭佑に地元メディアも感嘆

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月16日

初陣で鮮烈な輝きを放つ

ボタフォゴでようやくデビューした本田がいきなりやってのけた。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 ブラジルでのデビュー戦で、日本サッカー界のカリスマが見せた。

 現地時間3月15日、カンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)の第3節で、1月に本田圭佑が加入したボタフォゴは、ホームでバング―と対戦。1-1と引き分けた。

 この試合で、鮮烈な輝きを放ったのが、他でもない本田だった。

 選手登録の遅れや発熱などでデビューが遅れていた33歳の日本人MFは、4‐2‐3-1のトップ下で先発起用されると、序盤から積極的なプレーで攻撃陣を牽引。そしてスコアレスで迎えた28分に見せ場を作り出す。

 ブラジル人FWラファエウ・ナバーロが敵GKに倒されたPKを獲得すると、これを本田が落ち着いてゴールに左隅へと蹴り込んで、先制点をもたらしたのだ。

 得点シーン以外にも前線からのフォアチェックやポストプレーなど献身的に働き続けた本田。その出色のパフォーマンスに、ブラジル・メディアも賛辞を贈っている。

 国内最大のネットワーク『O Globo』が「ホンダのゴラッソ! 見事なPKでGKを出し抜いた」と綴れば、地元紙『UOL』は、「無観客の試合でホンダがデビュー戦で輝く」と称え、さらに次のように続けた。

「契約からおよそ1か月半。日本人のケイスケ・ホンダがようやくボタフォゴでデビューした。そして彼が初ゴールを決めるまでにたった28分しかいらなかった。この日のホンダにはナバーロがPKを獲得した後のキッカーという重役を受ける責任があった。そして、新人はいとも簡単にゴールの隅へと蹴り込んだが、この完璧なキックにマテウス・イナシオ(バングーGK)は、ノーチャンスだった」

 惜しくもチームは勝利を逃したものの、初陣で目に見える結果を残した本田。注目度は、今後ますます上がっていきそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ