【速報】ボタフォゴ本田圭佑がブラジルデビュー戦でいきなり初ゴール!29分にPKで先制点を挙げる!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月16日

トップ下で先発

デビュー戦でいきなりゴールを奪った本田。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間3月15日に開催されたカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)の第3節で、1月に本田圭佑が加入したボタフォゴは、ホームでバング―と対戦。選手登録の遅れや発熱などでデビューが遅れていた本田が、ついにブラジルのピッチに立った。

 新型コロナウイルスの影響で、無観客で開催された一戦で、4‐2‐3‐1のトップ下に入った本田は、開始6分にいきなり見せ場を作り出す。見事なスルーパスをFWルイス・エンリケに通し、GKと1対1となるも決め切れない。9分にも左サイドへ正確なミドルパスを通し、チャンスを創出した。

 その後も本田が積極的にボールに触って起点となり、ボタフォゴが次々に決定機を作り出す。迎えた28分、FWラファエウ・ナバーロが敵GKに倒されてPKを獲得。これを本田が落ち着いてゴールに左に流し込み、先制点を挙げる。

 1点リードで折り返して迎えた後半、バングーに押し込まれたボタフォゴは、58分にループシュートで同点に追いつかれる。そして63分に本田は途中交代。病気明けということもあり、ここでお役御免となった。

 終盤、ボタフォゴは勝ち越しを狙って攻勢に出るも、ゴール前での精度を欠き、試合はこのまま1‐1のドローで終了した。

 PKで先制弾を叩き出しただけでなく、チャンスメークでも貢献した本田。上々のデビューを飾ったと言っていいだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ