「暗い話が多い中、嬉しいニュース!」松原后のベルギーデビューにファン歓喜!試合後には心情を投稿

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月01日

「久々に動いてる姿見れて感涙」

昨季はJリーグで全試合に出場した松原。新天地デビューを飾った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 この冬に、清水エスパルスからベルギーのシント=トロイデンへ移籍した松原后は、現地時間の28日に行なわれた、メヘレン戦に先発出場し、ベルギーデビューを飾った。

 試合後に自身のSNSを更新した松原は「デビューできました。ここからスタート。色々吸収して良くなっていけるように」と現在の心境を吐露した。

 この投稿にファンは歓喜し、以下のようなコメントを書き込んだ。
 
「デビューおめでとうございます」
「テレビで見てたよ~」
「ユニフォーム姿、カッコイイです」
「久々に動いてる姿見れて感涙でした」
「暗い話が多い中、松原選手のデビューは明るい嬉しいニュースでした!」
「シュート打ったのにはびっくりしました」
「負けずに果敢に頑張って欲しい」
「あとはどんどん階段を昇っていくだけですね」
「今後の活躍期待していますよ」
「新天地でも頑張れ」

 ベルギーでのデビュー戦は71分までプレー。積極的な攻め上がりを見せたが、ピンチを招くミスもあるなど、実力を発揮し切れたとは言い難い。松原がピッチを後にした終盤に3失点を喫し、チームも敗戦。ほろ苦いデビュー戦となってしまった。

 昨季のJリーグでは全試合に出場し、清水では不動の左サイドバックだった松原。ベルギーの地でも”不動”の存在となれるのか、今後の活躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ