「僕の心は…」清水のDF松原后がベルギーのSTVVへ移籍! 惜別コメントにファンは「泣きそう」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月20日

昨シーズンはリーグ戦全34試合に出場

J1リーグ通算で105試合に出場し4得点を記録している松原后。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 清水エスパルスは1月20日、DFの松原后がベルギーのシント=トロイデン(STVV)へ完全移籍することを発表した。

 地元静岡出身の23歳は、浜松開誠館高から2015年に清水に加入。昨シーズンは、不動の左サイドバックとしてリーグ戦全34試合に出場し2得点を記録していた。

 クラブの公式ホームページで発表された松原のコメントは以下の通り。

「報告が遅くなりすみません。このたび、ベルギーのシントトロイデンVVに移籍することになりました。僕にきたチャンスを尊重し、快く送り出してくれるエスパルスには感謝しかありません。と同時にこのクラブを背負うような気持ちで挑戦してきます。

 高校を出て、何もできなかった僕とサポーターの皆さんとは5年間喜怒哀楽あり、色々な経験をさせてもらい成長させて頂きました。一番伝えたいことは、僕はエスパルスが本当に大好きということ。静岡で育ち、このクラブでサッカーができて幸せでした。僕の心はエスパルスと共にあります。本当にありがとうございました」
 
 このコメントが投稿されたクラブの公式SNSには、ファンから「いってらっしゃい」「コメント、グッときた」「頑張れー!」「コメント読んで泣きそうになりました」「ずっと応援しています」といったメッセージが寄せられた。

 STVVは、日本企業が親会社となっており、近年は数多くの日本人選手がプレーしてきた。現在もGKのシュミット・ダニエル、FWの伊藤達哉と鈴木優磨が所属している。

 海外初挑戦となる松原は、冨安健洋(現ボローニャ)や鎌田大地(現フランクフルト)のようにこのクラブで成長し、日本代表入りを果たせるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【新体制会見PHOTO】清水エスパルス|7名の新加入選手とクラモフスキー新監督を迎え入れ、”サッカー王国”復活へ始動!

【清水 PHOTO】新監督&新加入選手を迎え、新シーズンに向け“RE-FRAME”!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ