「許せない!」パリSG選手全員が参加した、ドルトムント戦後のバカ騒ぎムービーが流出。非難の矛先は…【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

結城麻里

2020年02月23日

敗北から2日後に選手の誕生日パーティーを開催

パリSGは第1レグはアウェーでドルトムントに黒星スタート。辛うじてエムバペ、ネイマールの連携でアウェーゴール1点は奪取している。 (C) Getty Imags

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16でドルトムントに敗北したパリ・サンジェルマン(パリSG)。その選手たちが、敗北の48時間後、上半身裸で踊りながら馬鹿騒ぎをしていたことが現地時間21日に判明、フランスに衝撃と波紋が広がっている。

 テレビ番組『LA CHAINE L’EQUIPE』の討論プログラム『L’EQUIPE D’ESTELLE』によると、このイベントはマオロ・イカルディ、エディンソン・カバーニ、アンヘル・ディ・マリアの誕生日を祝ったもので、オーガナイズしたのはスポンサーだという。

 映像はネット上に多数アップされており、番組内ではネイマール、カバーニ、ケイロル・ナバスらが上半身裸で踊り、抱き合ったり上着を振り回しているシーン、ドレス姿の女性たちがセクシーダンスを披露するシーン、派手にきめたネイマールが、スポンサーのカメラマンらしき男性の前でポーズをとり、ふざけて誰かの首を叩いているシーンなどが、次々に流れた。

 どうやらこの会には、全選手が参加したようだ。キリアン・エムバペも映像内に出現しており、裸踊りはしていないが、DJブースでレコードを回したり、通常の服装でボクシングゲームに挑戦したりしていたようだ。映像は、選手たち自身や参加者が撮影したもので、好き好きにソーシャルネットに流したという。

 同番組では、このシーンを目にしたアニメーター(司会)のエステル・ドニ女史をはじめ、全出演者の目がテンに。『FRANCE  FOOTBALL』誌のナビル・ジェリット記者は、「敗北の鬱憤をみんなで晴らし、かえって団結が強まるんじゃないか」とコメントしたが、元フランス代表ヴィカシュ・ドラソは一刀両断した。

「試合後の打ち上げはよくあることで、それ自体を批判する気はない。ただ、タイミングがどうだろう。額に汗を浮かべて働き、なけなしのカネをはたいてドルトムントまで行き、挙句にひどい目に遭って帰国したサポーターは、これを見てどう思うだろう? 選手たちは、人々の生活や現実からあまりにかけ離れてしまっている」

 そして、続く討論番組『L’EQUIPE DU SOIR』でも、この話題が最初のテーマになった。

 ここでは「選手たちがプライベートで何をしようが自由だ」(アナリストのジル・ファヴァール氏)、「クラブが選手たちをまとめていないのだから、選手たちを非難することはできない。それに南米選手たちにとっては、こういう騒ぎやダンスはごく普通のこと」(『L’EQUIPE MAGAGINE』誌のエリック・ビルデルマン記者)といった意見が出た。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ