「もっと早く復帰したかった!」「何度も延ばした」負傷明けのネイマールがパリSGのマネジメントを痛烈批判!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月19日

「彼らは何度も延期した」

ネイマールはアウェーゴールを奪ったものの、そのパフォーマンスはベストと言えるものではなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 才能豊かな一流の選手であろうと、負傷明けに全力を発揮するのは難しい。

 だからこそ、パリ・サンジェルマンのネイマールは、チャンピオンズ・リーグ(CL)が再開する前に実戦復帰を果たしておきたかったようだ。

 パリSGは現地時間2月18日、ドルトムントとのCLラウンド・オブ・16第1レグで1-2で敗れた。肋骨を負傷していたネイマールは、この日が約3週間ぶりの復帰戦。一時は同点とするゴールを決めたものの、チームが敗れたことで、ベスト8進出に黄信号が灯っている。

 試合後、ネイマールは自身の復帰を巡るクラブの対応を批判した。米スポーツチャンネル『ESPN』によると、ネイマールは「4試合を欠場したが、それはパリSGが、クラブのドクターたちが決めたことだ」と述べている。

「残念ながら、僕はそれを受け入れなければいけなかった。彼らの提案は気に入らなかったけど、残念ながら決めるのはクラブだ。だけど、それは僕やチームメートにとって良くないことだった。

 肋骨にヒビがあったけど、それでプレーできないことはなかった。(9日の)リヨン戦でプレーする準備はできていたんだ。でも、彼らが復帰を延期した。それから何度も延期したんだ」

 2017年に加入したネイマールは、過去2年ともシーズン途中に足の指の負傷で戦列離脱を余儀なくされた。それだけに、背番号10は「恐れは理解する。尊重もしている」とコメント。そのうえで「ああいう激しい試合をするのはとても難しかった」と訴えた。

「もっとフィジカルコンディションが良かったら、もっと良い試合ができたはずだと思う」

 ネイマールがクラブのマネジメントを批判したとなれば、騒がれることは避けられない。悲願の欧州制覇に向け、ホームでの逆転が必要となる第2レグに向けた影響が懸念される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ