【コラム】『三連覇、それが浦和の三年計画』心に響いた浦和サポーターの横断幕

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年02月22日

試合会場に着くまではどこか煮え切らない気持ちがあった

試合前に掲げられた横断幕。サポーターの強いリーグ優勝への想いが伝わる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第1節]湘南2-3浦和/2月21日/Shonan BMWスタジアム平塚

 昨年12月、強化部を刷新した浦和レッズは「3年計画」を打ち出した。2020年を変革の年と位置付け、21年を飛躍の年に、そして22年にリーグ優勝を目指すというものだ。

 弊社発行の雑誌「サッカーダイジェスト」では開幕前の恒例企画として「Jリーグ順位予想」というものがあり、編集部も参加する。昨年は浦和を優勝予想にしたのだが、今年はそうはせず2位にとどめた。

 堂々と1位に予想できなかった理由は、単に昨季は14位と低迷していたからではない。クラブとして掲げている目標があくまで“3年後のリーグ優勝”で、今年は「ACL出場権獲得」だからだ。その気がないのに優勝できるほど、Jリーグは甘くはないだろうなと予測したのである。

 それでも浦和の担当としては、どこか煮え切らない気持ちがあった。充実の戦力を誇る浦和ほどのクラブがリーグ優勝を目指さないのか、と。
 そんな想いを抱きつつ迎えたリーグ開幕戦。会場は湘南ベルマーレのホーム「Shonan BMWスタジアム」だった。そこで試合前に浦和サポーターが陣取るアウェーのゴール裏に掲げられた横断幕を目にして、心を揺さぶられた。

『三連覇、それが浦和の三年計画』。

 それでこそ浦和だ、と思った。やはり優勝を目指してなんぼだ。サポーターの強い意思表示を確認し、そう感じた。

 そんなサポーターのメッセージに応えるように、チームは湘南戦を3-2で勝利し、好スタートを切っている。どこまでも高みを目指すサポーターは、やはり浦和というクラブの価値を高める存在なのだろう。

 改めて優勝を掲げたサポーターに支えられたチームが今年、どれだけ上位に食い込むのか。楽しみになってきた。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【湘南 2-3 浦和 PHOTO】オープニングゲームは壮絶な打ち合い!得意のドリブルから関根が決め、浦和が競り勝つ!
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】湘南2-3浦和|値千金の決勝点を決めた関根を高評価!!“興梠&レオ”も好印象
「相手は飛び込んで来れないと思った」VARを味方につけた浦和・関根貴大、決勝点の場面で見せた冷静な”仕掛け”
J1開幕を告げるオープニングマッチで浦和が白星発進! 関根貴大の決勝弾で湘南との打ち合いを制す!
今季第一号は石原直樹のドンピシャヘッド! 湘南が先制も、浦和がエースと新助っ人が決めて2-1逆転で後半へ
浦和の左サイドが面白い。新システムで躍動する汰木と山中の“超攻撃的コンビ”に注目

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ