大分スタイルにはいまだ順応途中…。知念慶が明かす川崎との大きな違いとは?

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2020年02月17日

「攻めの形が一辺倒だった」(知念慶)

4本ものシュートを放った知念(9番)。得点こそ奪えなかったが、身体を張ったボールキープや絶妙な動き出しで攻撃の起点になった。(C)J.LEAGUE

画像を見る

[ルヴァンカップ第1節]湘南1-0大分/2月16日(日)/湘南BMWスタジアム平塚

 ルヴァンカップDグループの湘南対大分は終了間際に湘南がPKで得点を奪い、1-0で勝利した。

 敗れた大分は昨季に続いて3-4-2-1を採用し、片野坂知宏監督の下で積み上げたボールを保持して試合を優位に進めるサッカーは継続。しかし、昨夏以降に陥った得点力不足は、この日も解消されず。やはり昨夏に移籍した藤本憲明(現・神戸)の穴は大きく、チームトップの10ゴールを挙げたオナイウ阿道(現・横浜)を失った影響も小さくない。得点力向上は喫緊の課題だ。

 では、その課題をどのように解決するか――。ワントップの人選がひとつのポイントだろう。

 現状でCFの一番手と目されているのは、川崎からレンタルで加入した知念慶だ。9番を与えられるなど首脳陣から高く評価されており、得点力不足を解消し得る存在。ポゼッションを得意とする川崎からの移籍とあって、すぐさまフィットするかと思われた。
 
 しかし、大分特有のビルドアップにはまだフィットしきれていない印象で、大きな違いは「川崎は中から、大分はサイドから」だと知念は説明する。さらに「初めての大分での公式戦だったので、練習試合とはまた違う内容でした。ボールを触る機会が少なかったですし、もう少しボールに絡みつつゴール前に入りたかったです。攻めの形が一辺倒だったかな」と反省を口にした。

 もっとも片野坂知宏監督からは「前線で持ち味を出して、攻撃の起点になってくれました。これを続けながらリーグ戦に向けても戦術含めて(コンディションを)上げていってくれると思います」と一定の評価は与えられた。

 まだまだ新天地のサッカーに順応している段階なだけに、連係面などを含めて本領発揮はこれからだが、大分の躍進にはこの24歳のストライカーの爆発が不可欠。開幕戦までにどれだけ進化できるか楽しみだ。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ