【ルヴァン杯・採点&寸評】浦和5-2仙台|レッズの新助っ人レオナルドが躍動!ベガルタでは19歳の新鋭が存在感

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年02月16日

浦和――関根は切れ味鋭いドリブルを活かして何度もチャンスメイク

【警告】浦和=なし 仙台=パラ(74分)
【退場】浦和=なし 仙台=なし
【MAN OF THE MATCH】レオナルド(浦和)

画像を見る

[ルヴァンカップ・グループステージ1節]浦和5-2仙台/2月16日/埼玉

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5

終盤はややトーンダウンしたものの、後半途中まで素早い攻守の切り替え、連動したプレッシング、連係の取れたパスワークを披露。多くのファン・サポーターが今後に期待が持てる出来だったはずだ。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6

2失点はストップが難しいものだったが、どちらかでも止めていればチームに余裕をもたらせたのは間違いない。それでもキャプテンとしてチームとまとめ、勝利に貢献した。

DF
4 鈴木大輔 6

しきりに味方に声をかけて最終ラインをコントロールし、球際では激しいスライディングタックルでボールをかっさらった。エリアギリギリでのファウルはヒヤリとさせたが、終始頼もしい存在だった。

6 山中亮輔 6.5(85分OUT)
出足の素早いプレスでボールを奪えば、ガンガン仕掛けて決定機を何度も演出。特に35分のオーバーラップからのクロスは見事だった。

27 橋岡大樹 5.5
パスミスを繰り返し、攻撃のリズムを乱す要因に。守備面でも後手に回るシーンが目についた。本来の実力を考えればやや物足りないパフォーマンスに。

31 岩波拓也 6
対人戦で負ける回数は少なかった。ただし、ほんの数回相手のマークを外し場面も見られ、ピンチを招いていたのは課題だ。
 
MF
10 柏木陽介 6
(77分OUT)
持ち前の的確な配給はもちろん随所で光ったが、特に際立っていたのは、攻撃から守備に移った時の寄せの早さ。カウンターの芽を未然に摘んでいた。

24 汰木康也 6.5(70分OUT)
4分にエリア内に侵入したのを皮切りに、度々相手の脅威に。タッチライン際でボールを受けると、すかさず前を向いて積極的に仕掛けて攻撃を推進させた。

29 柴戸 海 6.5
豊富な運動量を駆使して味方と連動すると、相手を囲い込んでボールを回収。一方でボールロストは少なく、安定していた。

41 関根貴大 7
レオナルドの先制点をお膳立てするなど、切れ味鋭いドリブルで敵陣を突破し、何度もチャンスメイク。ダイレクトパスも冴えていた。

 
【関連記事】
J1でも爆発の予感…ルヴァン杯開幕戦で昨季J2得点王レオナルドと8発男オルンガが早くもゴールで存在感!
【セルジオ越後】1点も獲ってないイニエスタがなんで主役扱い? ヴィッセルを判断するのは次の日韓対決だ
浦和新戦力のレオナルドが順調にフィット!「目標は23点」と豪語する有力得点王候補に爆発の予感が漂う
【ルヴァン杯】浦和が新加入レオナルドの2発などで仙台との撃ち合いを制す!C大阪は松本に4発快勝|Bグループ
「もう赤い血じゃなく、緑の血が…」浦和から移籍して5年目を迎える岡本拓也が湘南キャプテンに選ばれたワケ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ