「筋トレと漫画ワンピースが大好き」札幌が期限付き移籍で獲得したタイ代表GKとはどんな選手なのか?

カテゴリ:Jリーグ

佐々木裕介

2020年02月14日

元ムアントン・Uの青山直晃は「守備範囲が広く、PKセーブ率が高い」

ムアントン・U時代の青山(左)とカウィン(右)。写真:青山直晃選手提供

画像を見る

 カウィン・タンマサッチャーナン。名前を聞いて直ぐに誰だか分かるファンはそう多くはないはずだ。

 2月8日、北海道コンサドーレ札幌(以下、札幌)が獲得を発表したタイ人GKである。OHルーヴェン(ベルギー2部)からの期限付き移籍で、契約期間は1年だという。

 彼は一体どんな選手なのか、多くの札幌ファンが気になっているに違いない。

 18年に5年契約を結び移籍したOHルーヴェンは、英プレミアリーグのレスター・シティFCを持つタイ人一族(キングパワーグループ/タイ国内で免税小売市場を独占する大企業)が保有するクラブという背景がある。しかし、その泰色強いチームでも決して出場機会に恵まれていたとは言い難かった彼に、正GKの兵役問題を抱える札幌が声を掛けた格好だ。

 そして札幌には押しも押されもせぬ同郷のアイコン、MFチャナティップもいる。今回の札幌移籍という決断は、決して難しいものではなかっただろうと推測できる。

 トン(カウィンの愛称)とジェイ(チャナティップの愛称)、同じタイ人でもキャラクターは異なる。ジェイが万人に愛される三枚目キャラだとすれば、トンはクールで誠実な二枚目といえるだろうか。

 4年間、ムアントン・ユナイテッドでチームメイトとして、DFとGKの間柄で密接な関係を気付いてきた青山直晃(鹿児島ユナイテッド所属)の言葉からも、彼の人となりを感じることが出来る。

「真面目でストイック、筋トレと漫画ワンピースが大好き、兎に角いい奴なんです。悪いところを探すのが難しい程に。プレーは守備範囲が広く、PKセーブ率も非常に高い。闘争心溢れるビックセーブで何度も救われたことを覚えています。本当に頼りになる守護神です。J1で活躍する姿を楽しみにしてます。カテゴリーは違うけどお互い頑張ろう!家族で応援してます! スースー、トン!!』

 ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選で日本代表とタイ代表は同組だった。ホーム&アウェーともにスタメン出場していたのがカウィンだ。

 また17年ACL、タイリーグ覇者として出場したムアントン・Uでは、グループステージで同組だった鹿島に土を付けて苦しめ、ラウンド16で相まみえた川崎相手にも最後の砦として奮闘してみせたのもカウィンだった。
 
【関連記事】
【札幌】加入は大卒ルーキーの3人。コンパクトな26人体制で新シーズンに挑む
【TM結果一覧】浦和、レオナルドが5戦連発!川崎は三笘薫の3ゴールなどで札幌に11-5で勝利
【J1】日程・結果
【J2】日程・結果
【移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/22現在)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ