バルサBの安部裕葵、五輪出場は絶望的に…右足の手術で全治5か月と診断

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月12日

両脇を抱えられながら、ピッチを後に…

バルサBでレギュラーの座を掴んだ安部。充実のシーズンを送っていたが……。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 五輪代表にとっては残念なニュースだ。

 現地時間2月11日、バルセロナは、Bチームに所属する安部裕葵がフィンランドで手術を受け、全治5か月になる見込みだと発表した。

 21歳の日本代表アタッカーは現地時間2月2日に行なわれたスペインのセグンダB(実質3部)のプラット戦に途中出場し、ドリブルを仕掛けた際に右足を負傷。スタッフに両脇を抱えられながら、ピッチを後にしていた。

 クラブは5日、検査の結果、右大腿二頭筋の断裂と診断されたと発表。フィンランドで手術を受けることも報告されていた。

 バルセロナによると、11日に行なわれたラッセ・ラパイネン医師による手術は無事に成功。だが、復帰までは約5か月かかる予定だという。
 
 19年夏に鹿島アントラーズからバルセロナBに移籍した安部は、左ウイングやCFでレギュラーとして起用され、ここまで20試合で4ゴールを記録。バルサの独特のスタイルにもフィットしつつあり、2部昇格を狙うチームで存在感を発揮していた。

 今年7月に開幕する東京五輪の出場も期待されていたが、この怪我でメンバー入りは絶望的となったと言わざるをえない。

 いまはただ、一日でも早く復帰できることを祈るばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「試合に興味がないのか」「もう帰る準備を…」50分遅れで登場した本田圭佑の“観戦態度”にボタフォゴ・ファンの反応は?【現地発】
「露骨な差別」「馬鹿にしている」マジョルカのコーチが久保建英に送った“アジア人蔑視のサイン”が物議!
南野拓実&久保建英が急騰! そしてJのMVP男が… 最新版「全日本人フットボーラー推定市場価格」トップ50!
「ロッカールームは酷い状態」メッシの“激震投稿”の裏にある、バルサの「キャプテン4人制」の限界【現地発】
ブラジルの「東京五輪候補」が豪華すぎる! ネイマール出場なら金メダル確実?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ