「ロッカールームは酷い状態」メッシの“激震投稿”の裏にある、バルサの「キャプテン4人制」の限界【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年02月09日

「8人で守備をするなんて無理がある」

アビダル(右端)の発言にメッシ(左端)が反論した一件は、小さくない波紋を呼んだ。(C)Getty Images

画像を見る

 2018年8月、バルセロナでリオネル・メッシを頂点とし、セルヒオ・ブスケッツ、ジェラール・ピケ、セルジ・ベルトの3選手がその脇を固める新たなキャプテン体制が発足した。

 全員がマシア(バルセロナの下部組織)育ちで、マンチェスター・ユナイテッドとサラゴサでのプレー経験があるピケを除いて残り3人はバルサ一筋だ。かつてのカルレス・プジョールがそうだったように、この生え抜きカルテットのリーダーシップの下で、ドレッシングルームに強固なチームワークが醸成されることが期待された。

 しかしそれから1年半が経過し、その見立て通りに物事が進んでいないのが実情だ。いまだにマシア出身の“最も新しい出世頭”というイメージが抜けないセルジ・ロベルトにはそもそもベテラン揃いのチームにあってそこまでの存在感はない。
 
 カリスマ性では他を寄せ付けないピケが影響力を発揮するには、ノリの軽さが否めない。本業に加え、ビジネス活動に勤しみ、将来の会長就任にも色気を見せる日々の言動も、そうした印象を後押ししている。

 ブスケッツは身内を大切にし、伝統のスタイルの継承の重要性について説くが、周囲にリーダーシップを行使するタイプではない。そしてメッシだ。エースとして、第一キャプテンとして孤立を深めていた彼は先日、その不満を爆発させた。

「選手のことを話すなら、具体的に名前を挙げるべきだ」

 エルネスト・バルベルデ前監督の解任に踏み切った背景にマンネリ化による選手たちの努力不足があったことを匂わせたTD(テクニカル・ディレクター)のエリック・アビダルに対し、自身の「インスタグラム」を通じこう強い口調で反論したのだ。

 ただ実際に、今シーズン、バルベルデの下でチームが必ずしも一枚岩になっていたわけではなかった。開幕以来、前指揮官が取り組んだ戦術は、メッシとルイス・スアレスの得点力をいかに活かすかという点に特化していた。その一環として2人に対し、守備のタスクを免除。当然の結果として背後で構える選手たちの守備の負担が増した。

「(GKの)テア・シュテーゲンと8人のフィールドプレイヤーだけで守備をするなんて無理がある」

 こうした不満の声が、ドレッシングルームで飛び交ったのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ