「今すぐマンUでプレーできる」ボローニャ名TDが冨安健洋を大絶賛!「彷彿させる」とした元ブラジル代表の名手は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月11日

「サイドのレジスタだ」と高く評価

イタリア挑戦1年目の冨安。本職ではない右SBで定位置を確保している。 (C) Getty Images

画像を見る

 守備の国イタリアで1年目のDFが活躍するのは、決して簡単なことではない。だが、ボローニャの冨安健洋は、カルチョの世界で高く評価されている。

 ベルギーのシント=トロイデンから加入した冨安は、右SBのポジションでレギュラーの座を手にしている。23節を終えたセリエAで17試合に出場、うち16試合でフル出場している。ピッチに立てなかったのは、負傷していた秋の5試合と、累積警告で出場停止だった2月1日の22節ブレッシャ戦だけだ。

 テクニカル部門を統率するワルテル・サバティーニも、冨安に大きな賛辞を寄せたている。

 『Tuttomercatoweb.com』によると、地元メディアに対し、サバティーニは「彼はCBだ。リッカルド(・ビゴンSD)とボローニャが勇敢な選択をしたんだよ。EU圏外の選手だし、シント=トロイデンでプレーしていたのだからね」と述べた。

「彼はボローニャに残る。だが、すでに今でもマンチェスター・ユナイテッドでもプレーできるはずの選手だよ。あらゆる目標の達成を考えることができる。日本人らしく、規律が素晴らしい。それに、彼は自分に関する計画を持っていると思う。自分が何をやりたいか、ということに対するビジョンがはっきりしているんだ」

 さらに、サバティーニは「わたしにはローマ時代にマイコンのような、こういうった特徴の選手がいた」と、称賛を続けている。

「マイコンはローマでサイドのレジスタだった。冨安は、彼のことをすごく思い出させてくれるよ。まだ21歳だ。最高のレベルにたどり着くだろうね」

 数々の名選手を発掘し、カルチョの世界で長きにわたってディレクターを務めてきたサバティーニの賛辞は、冨安の1年目がいかに素晴らしいかを物語っているといえるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ