リオでは“特製ハチマキ”がトレンド商品に!? ブラジル人記者がホンダ・フィーバーを追う【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リカルド・セティオン

2020年02月07日

日韓W杯の影響によってハチマキは売れ行き好調!?

ブラジル到着前から爆発的な人気を博している本田。現地ではあらゆる商品化が進んでいるようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 本田の背番号とネームが入ったユニホームは、ブラジル人にとっては、かなりの高額だったが、リオ中心部の店では、ほぼ完売の状態となっている。さらに特製ビアマグも作られ、こちらも売れ行きが好調だ。

 そんな中で、新たに登場したグッズが、ハチマキだ。

 そもそもブラジル人にとって、ハチマキには、良き思い出がある。トヨタカップでブラジルのチームが優勝した時、そして2002年の日韓ワールドカップのファイナル、横浜の地でドイツを破って、世界チャンピオンになった時も、選手、そしてサポーターたちが、ハチマキを巻いて勝利を祝っていた。

 昨今の日本では、ハチマキを巻く機会がないと聞くが、いま、ブラジル、特にリオ界隈ではトレンドアイテムとなっている。ネットではここ数日間だけで5000本が出回った。買うのは、もちろんボタフォゴのサポーターたちである。

 ブラジル人にとってハチマキは日本の象徴だ。おまけに今ブームになっているハチマキは、ただ日の丸がついているだけでない。横に本田がボタフォゴで付ける背番号4が印字され、商品名は「Konichiwa」。本田を歓迎する想いがふんだんに込められている。

 一本14レアル(約400円)と、ユニホームに比べて値段も格段に安いうえ、3本買えば1本おまけというプロモーションも人気の秘密だ。男も女も、甥も若きも、皆が特製ハチマキを巻いて、空港で本田を出迎え、スタジアムで彼を応援する姿は、さぞかし壮観だろう。

文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ