• トップ
  • ニュース一覧
  • 「正直とても怖い…」新型ウイルスの猛威に武漢でプレーする元浦和FWラファエル・シルバが胸中を語る

「正直とても怖い…」新型ウイルスの猛威に武漢でプレーする元浦和FWラファエル・シルバが胸中を語る

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月26日

「今年は武漢に入れていない…」

浦和のACL制覇にも貢献したR・シルバ。ウイルスの猛威に晒される中国でのプレーに危機感を抱いている。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 中国の湖北省武漢を中心に猛威を振るう新型コロナウィルス。事態は刻々と深刻化しており、中国政府の発表によれば、発症例は800件以上、疑わしい症例は1000件以上、そして26名の死者が出たと報告されている。

 その影響はサッカー界にも波及。中国の国家体育総局が4月までのすべてのスポーツイベントを無期限延期にするよう通達したため、広州恒大と上海申花による中国スーパーカップはスケジュール変更され、中止の措置を取る可能性が指摘されている。さらにアジア・チャンピオンズリーグもグループステージの数試合が延期される場合もあるという。

 そんな状況下にある武漢に本拠地を構えるチームに在籍する元Jリーガーがいる。2014年から約3年間、アルビレックス新潟と浦和レッズでプレーしたブラジル人ストライカーのラファエル・シルバだ。

 浦和から武漢卓爾に加入して2年目を迎え、貴重な得点源となっているR・シルバは、ウイルスの危険性に脅かされているチームの現状について、ブラジル・メディア『Uol』の取材に対し、「今年になって武漢に入れていない」と語り、さらに率直な心境を告白した。

「チームは今年に入ってから広州でトレーニングを始めたんだ。それで僕らはいまスペインに来ている。『武漢へは行くなと言われたから一度も行っていない。神の仕業だとしても、正直に言って、とても怖いよ」

 今も武漢市内に友人を残してきているというR・シルバは、「すぐに物事が落ち着くことを願うよ」と語り、こう本音を漏らした。

「街に残っている友人とは毎日のように連絡を取り合っている。心配だからね。彼らに訊いたら、誰もが道に出ることを恐れていて、動揺していると言っていた。だから、とてもカオスな状態なんだと思う。僕は退団をすることは考えていないけど、彼ら(中国人)に、こうしたことが起こらないように、もう少しだけ物事に注意を払ってほしい」

 感染拡大の可能性も危惧されている今回の新型コロナウィルスを巡る騒動。2月22日に開幕予定となっている中国スーパーリーグへも、小さくない影響を与えることになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
浦和、GK西川周作が「サッカー人生で初めて」のキャプテンに就任! 今季は副主将も一新!
「日本に行くのは…」ザッケローニ、日本代表監督復帰の可能性に言及! 伊メディアに明かした本音は?
「神戸で引退したい!」「Jリーグが好き」イニエスタが日本でのプレー続行を明言! ユニホームを脱ぐ時期も告白
「悪意に満ちた報復」「韓国の赤い王!」愚行退場のソン・フンミンを中国側が一斉に“仕返し”批判!
「初日から後悔」「最悪の決断だった…」テベスが中国移籍を回想。なぜ世界的名手は挑戦を決めたのか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ