「悪意に満ちた報復」「韓国の赤い王!」愚行退場のソン・フンミンを中国側が一斉に“仕返し”批判!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月24日

E-1選手権では韓国メディアに散々叩かれて…

一発レッドを宣告され、信じられないといった表情を見せるソン・フンミン。弁解の余地がない愚行だった。(C)Getty Images

画像を見る

 トッテナム・ホットスパーの韓国代表FWソン・フンミンの退場劇が、大きな波紋を呼んでいる。

 現地日曜日のプレミアリーグ第18節、ホームでのチェルシー戦。その60分だった。2点のビハインドを追うトッテナムは、左サイドでソンが抜け出しにかかる。しかしボールはこぼれてチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーと競り合い、激しく地面に倒されてしまう。そこで返す刀に左足を振り上げたソンは、リュディガーの胸元に報復キックをお見舞いしたのだ。
 
 すぐさまVARチェックが入り、ソンは当然の退場処分に。5月のボーンマス戦、11月のエバートン戦に続く1年で3度目の一発レッドに、英国をはじめとした欧州メディアはもちろん、母国・韓国のメディアからも「未熟だ」「感情をコントロールできていない」と批判が集中している。

 そんななか、中国メディアも手厳しい論調を展開した。

 全国スポーツ紙『新浪体育』は「実にわざとらしいリアクションをしたソンだが、自分がなにをしたかは分かっていたはずだ。当然のレッドカードでピッチを後にし、軽率なキックがどれだけチームに迷惑をかけるのかを痛感しただろう」とピシャリ。スポーツメディア『騰迅体育』は「ソンは英国でも心優しい聡明なイメージを持たれているが、もはやそれは過去の話。1年で3度の退場はあり得ない。アジアの王はいまや韓国の“赤い王”だ」と評している。

 そしてニュースサイト『捜狐』は「悪意に満ちた報復行為だった。主審にレッドカードを提示されて頭を抱え、絶望感を演出していたが、大した演技力だ。ボール扱いより上手いのではないか。まるでパペット・ショーを見ているかのように滑稽だ」と断じた。

 先のE-1東アジア選手権では、中国代表のファウルまがいのラフプレーが韓国メディアに散々叩かれた。「少林サッカーは見るに堪えない」「サッカー後進国の象徴」「彼らはいつも暴力的だ」と揶揄されたが、今回は韓国サッカー界の英雄であるソンが愚行に及んだ。

 それもあって中国版ツイッター『ウェイボー』では、ソンへの風当たりがすこぶる強い。「カンフーサッカーより酷い行為だ!」「中国人ならあんな報復はしない」「中国サッカーはアジアの恥だとまで言われたが、そのままお返ししたい」などなど、各メディアがユーザーの声を拾って紹介している。

 ソンはプレミアリーグで3試合の出場停止処分。復帰は早くて年明け1月5日、FAカップのミドルスブラ戦になりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ソン・フンミンがリュディガーを蹴りつけた決定的シーンはこちら!
【関連記事】
「何度やったら気が済む!?」「また泣いてる…」韓国代表FWソン・フンミンの“VAR退場劇”にチェルシー・ファンは憤慨
「愚か者を罰するのは可能だ」ソン・フンミンの“報復行為”の被害者となったチェルシーDFが怒りの声明
「酷すぎる!」「ベント監督も激怒」また飛び出した中国の“少林サッカー”を韓国メディアが糾弾!
「少林サッカーなどとコケにされ…」「日韓との差は埋めがたい」中国紙が母国代表チームの体たらくに憤慨!
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ