「腰が折れそう…」「マトリックスだ!」イブラヒモビッチの“神業トラップ”にファンも心酔!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月22日

圧倒的な存在感を放つイブラの業

ミラン移籍後も圧倒的な存在感を放っているイブラヒモビッチが、練習中に見せたトラップが話題を呼んでいる。 (C) Getty Images

画像を見る

 スウェーデンが誇る英雄が見せた“神業”にファンが酔いしれた。

 今冬の移籍市場で、およそ8年ぶりにミランへと復帰した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、自身の復帰2戦目となったカリアリ戦で早速ゴールを決め、カリスマ性を存分に発揮。38歳という年齢を感じさせないプレーを見せつけている。

 圧倒的な存在感を放ち、早くもミランにとって必要不可欠な存在となりつつあるイブラヒモビッチだが、ウォームアップで披露した驚きのプレーが話題だ。

 現地時間1月19日に、本拠地サン・シーロで開催されたセリエA第19節のウディネーゼ戦の前のことだった。チームメイトとともに練習に取り組んでいたイブラヒモビッチは、頭上から落ちてくるボールを胸でピタッとボールを止めると、そのまま膝を折り曲げて、ピッチと平行になるぐらいまで背中をそらして巧みにコントロールしたのだ。

 ハイレベルなワザを軽々とやってのけたイブラヒモビッチ。このワンシーンを試合翌日にミランの公式SNSが、「38歳。こんなことできるのは彼を除いていない」と紹介すると、ファンからは次のようなコメントが相次いだ。

「彼はもはや病的だ」
「腰が折れそうだよ」
「同じ38歳として尊敬する」
「年齢なんて言い訳だな」
「マトリックスのネオだ」
「こんなことができるのは世界でイブラだけ」
「神だ」
「リンボーダンスをやらせてもきっと神レベル」
「これで怪我をしないのが凄い」

 加齢とともに衰えると指摘される柔軟性に陰りが見られないイブラヒモビッチ。自身を「サッカー界の神」と称する男は、年老いてなお意気軒昂といった様子だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ