「不可能というわけではない」大迫勇也は東京五輪に参加可能か? ブレーメンSDが注目発言!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月07日

「望んでいるのであれば、不可能ということはない」

今シーズン前半戦も一時故障で離脱した大迫。五輪出場なら休養が必要となるだろう。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本代表FWの大迫勇也が所属しているブレーメンは、現在ブンデスリーガがウインターブレイク中のため、マジョルカ島でキャンプ中だ。

 そんななか、地元紙『kreizeitung.de』が、夏に控える東京オリンピックについての記事を掲載している。

 同紙によれば、ブレーメンからは、FWヨハネス・エッゲシュタインがキャプテンとしてドイツの五輪代表に入ることが有力紙されている。さらに、兄のマキシミリアンもオーバーエイジ枠で出場する可能性があると見られているようだ。

 さらに、大迫勇也もオーバーエイジ枠での東京五輪出場を希望しているとし、同時期に最大で3人の主力がチームを離脱する可能性があると伝えている。

 ちなみに、東京五輪の男子サッカーの日程は、7月23日に始まり、決勝は8月8日となっている。当然ながら、シーズン前の重要な期間と重なっている。
 チームのスポーツディレクターであるフランク・バウマンは、『kreizeitung.de』の取材に応じ、「(3人の離脱は)チームにとって最適なことではない」としつつも、「不可能というわけでもない」と含みを残した。

「(五輪の)スケジュールが我々のチームにとって最適ではないことは間違いないが、もっとひどい日程になる可能性もあったと考えている。参加した後には十分な休養が必要であるし、準備のための時間も割かねばならない。ドイツ・サッカー連盟にも配慮ある対応を望みたい」

 そして、大迫についてはこう語った。

「ユウヤのような選手が、母国で開催されるオリンピックに参加するという夢を持っているとしたら、それをクラブが拒んだとしたら…拒むことで大切なものを壊しかねない。信頼も失い、ひどく傷つくだろう」

 1年前のアジア杯では、大迫がブレーメンに帰還した後に故障が判明し、長期の戦線離脱を余儀なくされた。クラブはこれに怒りを表明し、むやみな招集には応じないという姿勢を明らかにしている。

 だが、大迫が強く希望するのであれば、東京五輪に参戦する可能性も残されているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ