【千葉|新体制】ユン・ジョンファン監督就任で変革なるか。新たな補強の可能性も?新シーズンの背番号は?

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年01月06日

実績十分の新井章太や田口泰士らが加入

新体制会見を行なった千葉。新戦力らが意気込みを語った。左から櫻川ソロモン、山下敬大、見木友哉、田口泰士、ユン・ジョンファン監督、本村武揚、チャン・ミンギュ、新井章太。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月6日、ジェフユナイテッド千葉が新シーズンに向けた新体制発表会見を行なった。

 ユン・ジョンファン監督を新たに招聘したチームは、この日に始動。指揮官はまずは「今日初めて選手が集まってトレーニングができました。明るく覚悟を持って来てくれて嬉しかったです。いろいろな方が期待をしてくれている昇格という夢を叶えたいです。皆で克服して乗り越えられれば、十分に可能だと思います。多くの経験を活かして選手とコミュニケ―ションしていきたいです」と意気込みを語った。

 オフにはユン・ジョンファン監督の「センターラインを強化したい」との要望通り、川崎からGKの新井章太、磐田からボランチの田口泰士、山口からFWの山下敬大らを獲得。

 髙橋悠太GMは「(既存戦力は)オファーがあった選手もいましたが、ジェフで勝ちたいと残ってくれました。そこは非常に感謝しています。また(新加入選手は)かなり難しい決断のなかでジェフを選んでくれました。そこはユンさんが早く(就任を)決断をしてくれ、できるだけ来季の展望を細かく伝えられたという背景もありました」と説明した。

 さらに今後の補強に関して髙橋GMは「まだウインドウは開いていますし、補強は可能性を考えていきたいです。攻撃的な選手のところは、ユンさんと必要かもしれないと話しています」と含みを持たせた。

 ユン・ジョンファン監督は「攻撃をするための守備に重点を起き、できるだけ早く相手ゴールに向かうサッカーを目指したいです」と志向するスタイルを明かし、過去に指揮した鳥栖やC大阪では厳しいトレーニングを課してきたが、「これまでのチームではプロの選手である以上、生活のリズムを変える必要がありました。そうすれば意識は非常に変わってくると感じます。意識が変われば全てが変わると思います。意識のところを変えていきたいです」と今後の強化について話した。
 昨季J2で17位に終わった千葉が“ユンスタイル”で変わるのか、新シーズンの焦点はそこにある。

 新戦力の新井章はJ1で3年連続でタイトルを獲得していた川崎からの加入となったが、「去年の(千葉の)結果は関係なかったです」と語り、「もちろん誰もが分かっている通り昇格が目標ですが、それ以前に怖いチームを目指していきたいと僕自身は思っています。相手の嫌がる所やどんな時も諦めないようにやっていきたいです」と意気込んだ。

 また同じく新加入の田口は「J1に帰るために、今まで経験したこと、自分らしさを表現していきたいです」と語った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ