1億円近い借金も…。元マンU戦士ルーニーが20歳でギャンブル依存症になった過去を告白「どんどんハマった」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月05日

カジノのキャンペーン動画で衝撃の告白

過去の過ちを告白したルーニー。その内容は衝撃的だった。 (C) Getty Images

画像を見る

 若くして成功を掴んだからこその苦悩を、元イングランド代表FWのウェイン・ルーニーが告白した。

 現在34歳のルーニーがプロキャリアをスタートさせたのは、2002年の夏。当時16歳だった青年は、瞬く間にスターダムをのし上がり、04年8月に移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは、英雄ボビー・チャールトンのクラブレコードを越える253ゴールを決めた。

 イングランド代表としても歴代1位となる53ゴールを叩き込み、名実ともにサッカーの母国のリビングレジェンドとなったルーニー。だが、若くして富と名声を掴んだ彼の私生活は荒れていたという。本人が、現在所属するダービー・カウンティのスポンサー会社であるオンラインカジノ『32Red』のキャンペーン動画で、過去にギャンブル依存症に陥っていたことを告白した。

 ルーニーは、「当時の自分は、大金を手にしたばかりの若造だった」と語り出し、こう続けた。

「マンチェスター・ユナイテッドではアウェー戦の度にホテルに泊まる。そして、イングランド代表ではホテルに7日から10日間滞在する。そうすると、退屈するので暇つぶしをしようと考える。その一つがギャンブルだったんだ。

 携帯電話で簡単に賭けることができたんだ。本当のお金ではないような感覚だった。ブックメーカーに足を運び、限度額まで賭けるという感じではなかったからね。気づけば、知らぬ間にかなりの額を失っていた。最初は勝っていたし簡単に稼げると思っていた。のめり込むようになってからは負け始めて、借金生活となった」

「失った金額を取り戻そうとして、どんどん賭けるようになった」というルーニーは、最もハマっていた20歳の時には、たった5か月の間で70万ポンド(約1億円)を失った。

 だが、元イングランド代表FWは、「お金を失っていた当時はパフォーマンスに影響を及ぼした」ことを受け、ギャンブルから足を洗うことを決意し、今ではほとんど手を出さなくなったと明かしている。

「ありがたいことに、自分はどうにか借金を返すことができて、それからは二度とギャンブルには手を出さなかった。過ちから学んだんだ」

 最後に「ギャンブルを続けていると、もっとあらゆるものを失うことになる。そうなると悪循環に陥ってしまうんだ」と口にしたルーニー。泥沼にハマりかけたことを正直に告白したレジェンドの言葉は、同じようにギャンブル依存症に悩む人々を救うキッカケとなるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ