1億円近い借金も…。元マンU戦士ルーニーが20歳でギャンブル依存症になった過去を告白「どんどんハマった」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月05日

カジノのキャンペーン動画で衝撃の告白

過去の過ちを告白したルーニー。その内容は衝撃的だった。 (C) Getty Images

画像を見る

 若くして成功を掴んだからこその苦悩を、元イングランド代表FWのウェイン・ルーニーが告白した。

 現在34歳のルーニーがプロキャリアをスタートさせたのは、2002年の夏。当時16歳だった青年は、瞬く間にスターダムをのし上がり、04年8月に移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは、英雄ボビー・チャールトンのクラブレコードを越える253ゴールを決めた。

 イングランド代表としても歴代1位となる53ゴールを叩き込み、名実ともにサッカーの母国のリビングレジェンドとなったルーニー。だが、若くして富と名声を掴んだ彼の私生活は荒れていたという。本人が、現在所属するダービー・カウンティのスポンサー会社であるオンラインカジノ『32Red』のキャンペーン動画で、過去にギャンブル依存症に陥っていたことを告白した。

 ルーニーは、「当時の自分は、大金を手にしたばかりの若造だった」と語り出し、こう続けた。

「マンチェスター・ユナイテッドではアウェー戦の度にホテルに泊まる。そして、イングランド代表ではホテルに7日から10日間滞在する。そうすると、退屈するので暇つぶしをしようと考える。その一つがギャンブルだったんだ。

 携帯電話で簡単に賭けることができたんだ。本当のお金ではないような感覚だった。ブックメーカーに足を運び、限度額まで賭けるという感じではなかったからね。気づけば、知らぬ間にかなりの額を失っていた。最初は勝っていたし簡単に稼げると思っていた。のめり込むようになってからは負け始めて、借金生活となった」

「失った金額を取り戻そうとして、どんどん賭けるようになった」というルーニーは、最もハマっていた20歳の時には、たった5か月の間で70万ポンド(約1億円)を失った。

 だが、元イングランド代表FWは、「お金を失っていた当時はパフォーマンスに影響を及ぼした」ことを受け、ギャンブルから足を洗うことを決意し、今ではほとんど手を出さなくなったと明かしている。

「ありがたいことに、自分はどうにか借金を返すことができて、それからは二度とギャンブルには手を出さなかった。過ちから学んだんだ」

 最後に「ギャンブルを続けていると、もっとあらゆるものを失うことになる。そうなると悪循環に陥ってしまうんだ」と口にしたルーニー。泥沼にハマりかけたことを正直に告白したレジェンドの言葉は、同じようにギャンブル依存症に悩む人々を救うキッカケとなるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
ルーニーの“新背番号”が英国内で問題に! スポーツ大臣も苦言 「非常にずる賢い」「ギャンブルとの関係を自覚すべき」
「クロップの頭痛の種だ…」リバプール地元紙が南野拓実のエバートン戦でのデビュー持ち越しの可能性を指摘!
「あいつが怒ったら本当に恐いんだぜ…」“悪童”カッサーノもイブラヒモビッチのミラン復帰に太鼓判!
今年も「東高西低」が続く選手権――関西勢、中国勢、九州勢が全滅した一方で…
「手本にしているGKは?」日本の高校年代に人気の守護神は――【選手権】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ