今年も「東高西低」が続く選手権――関西勢、中国勢、九州勢が全滅した一方で…

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月04日

昨年、一昨年に続いて…

優勝候補の“本命”青森山田は盤石な勝ち上がり。仙台育英とともに東北勢は2校が8強入りを果たす。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月3日に全国高校サッカー選手権大会の3回戦が行なわれ、ベスト8が出揃った。

 地方別に見ると、日章学園(宮崎)と筑陽学園(福岡)がともに敗れ、九州勢は全滅。関西勢も“最後の砦”だった神戸弘陵(兵庫)が姿を消した。中国勢は3回戦に1チームも進めなかった。

 ベスト8の顔ぶれは、東北勢が青森山田と仙台育英(宮城)、関東勢が矢板中央(栃木)と昌平(埼玉)、東海勢が静岡学園と四日市中央工(三重)と2校ずつ入り、北信越勢は帝京長岡(新潟)、四国勢は徳島市立が残った。

 三重県を東西どちらに入れるかは意見が分かれるところだが、いずれにしても東日本勢の健闘が目立つ。

 東北勢が3校ベスト8に入った昨年も、西日本勢で準々決勝に駒を進めたのは、瀬戸内(広島)のみ。8つのイスのうち半分を関東勢が占めた一昨年も6校が東日本勢で、近年の「東高西低」傾向が今大会も続く結果となっている。

 ベスト8の顔ぶれと準々決勝の組み合わせは以下の通り。

【等々力陸上競技場】
12:05/青森山田(青森) vs 昌平(埼玉)
14:10/帝京長岡(新潟) vs 仙台育英(宮城)
【駒沢陸上競技場】
12:05/矢板中央(栃木) vs 四日市中央工(三重)
14:10/徳島市立(徳島) vs 静岡学園(静岡)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「立て! 絶対に俺が止めてやる!」8人目のPK失敗で泣き崩れたCBと守護神の熱き感動秘話【選手権】
「いい意味で1年生らしくない」青森山田のスーパールーキー・松木玖生の大活躍に、プロ内定の先輩たちも称賛!【選手権】
「問題児? これでチャラです」3戦連発のレフティーが矢板中央を3年連続の8強に導く【選手権】
「彼はいい意味で天然なので…(笑)」帝京長岡のエース・晴山がハットトリック達成後に監督から“喝”! 一体なぜ?
「この借りはプロで返す!」セレッソ入団内定のCB田平起也が“ハット達成”晴山への雪辱を誓う!【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ